【妻】小林貴虎が男性カップルの名前+住所をブログに

政治家

こんにちは。坊主です。

今回は、三重県の県議を務める小林貴虎議員を取り上げます。

2021年4月5日、小林県議が、自身に公開質問状を送付してきた男性カップルの名前および住所をブログに掲載していた問題が報じられました。

男性カップルは自身の個人情報を削除するよう小林県議に求めていますが、県議はこの要求に応じていません。

一体、削除しない理由は何だったのでしょうか?

小林貴虎県議が男性カップルの名前と住所をブログに掲載

小林県議が男性カップルの名前および住所を公開した問題について、「KYODO」は次のように報じています。

三重県議会の小林貴虎県議(自民党県議団)が、
自身に公開質問状を送ってきた同県伊賀市の男性カップルの氏名と住所を、
無断でブログに公開していることが5日、分かった。

削除要請にも応じていない。

(2021年4月5日配信)

世間の反応

アウティングとは違いますが
本人の同意なしに個人情報を公表するのはどの人であってもなされるべきではありません。

公表されているのは
公開質問状に記載されていた質問者と同姓同名で
返信住所が一致している店舗の特定商取引に関する表示内容で
特定商取引に関しては公開されるべき内容ですが
それがどこでどんな商売をしているということと結びつけられるわけで
例えパートナーシップに関する活動を積極的に行い報道されているとしても
不適切な行為であると考えられます。

この行動の目的にもよりますが
県議が公開質問状の相手の社会的信用を低下させることを目的としていれば
名誉棄損罪が成立しえます。

名誉棄損はその内容が事実であるかを問いません。

多様性が叫ばれる中、
自民党はいまだにこういう政党だと感じる記事です。

ブログには質問状の回答と送られた郵便物の写真が掲載されていて、
その写真に送り主の名前と住所がそのままになってるから、
ぼかすなどの処置はすべきでしょう。

写真そのものを削除すればいいだけなのに、
この公開質問状の回答の正当性を主張したいから削除しないように思えるのだが、
それとこれとは違うでしょう。

匿名で送ることも出来たのに
住所氏名を書いて誠意を持って意見したのにこんな仕打ちは酷い。

男性カップルの名前+住所を削除しない理由とは?

小林県議は男性カップルの名前および住所を削除していません。

彼が削除要請に応じない理由は何だったのでしょうか?

小林県議は自身のブログ内容を転載・引用することを禁止しているため、本記事内でその理由を紹介することができません。

そのため、彼が個人情報を削除しない理由については以下のブログをご覧ください。

参照先

http://tsu-coexistence.blogspot.com/2021/03/blog-post_75.html

妻はモルドバ人だった

小林県議は既に結婚しており、3人の子供(長女・次女・長男)に恵まれています。

実は、奥さんは外国人で「モルドバ共和国」の出身なのです。

妻の名前は「ステラ」さんといい、彼女の顔画像は以下のURLでご覧いただけます。

参照先

http://takatora.jp/promise/

スポンサーリンク