【日本人差別は誤訳?】デンベレ+グリーズマンは何て言った?

スポーツ

こんにちは。坊主です。

2021年7月3日、「バルセロナ」所属のサッカー選手2人が、日本人に対して差別的な発言をしたという疑惑が報じられました。

報道によると、この2人は「ウスマン・デンベレ選手」と「アントワーヌ・グリーズマン選手」とのこと。

一体、この2人は何と言ったのでしょうか?

デンベレとグリーズマンが日本人を侮辱して差別?

デンベレ選手およびグリーズマン選手による日本人差別疑惑について、「ゲキサカ」は次のように報じています。

映像に収められていたのは、
滞在したホテルの部屋でPES(ウイニングイレブン欧州版)をプレーするため、
現地のスタッフを呼んだ時の場面だ。

スタッフがテレビの設定などを行う中、デンベレ

「こんな醜い顔をして恥ずかしくないのか」

「どんな後進国の言葉なんだ」

「お前の国は技術的に進んでいるのか、いないのか」

などと発言したという。

撮影者はデンベレとみられ、
離れた位置から男性スタッフの顔をアップで撮るシーンなどもあった。

動画にはグリーズマンも映っており、
何か聞き取れない言葉を口にした後、
デンベレと一緒に笑っているところが確認されている。

(2021年7月3日配信)

上記の通り、デンベレ選手は「醜い顔」「後進国の言葉」という差別的な発言をしたとされているのです。

もしこれが事実であれば、彼の発言には日本人に対する差別意識が根底にあると思われます。

この報道を受けて、ネット上では2人に批判の声が向けられる事態となりました。

しかし、この日本人差別発言に関して、一部では懐疑的な声も上がっています。

というのも、デンベレ選手の発言には「誤訳」という指摘がなされているのです。

世間の反応

わざわざメンテナンスに来てくれた人達の目の前で堂々と動画撮りながらその人達を差別とか、
人間性にも本当吐き気がする

まあフランス人だからね。

世界で最も差別的で排外的なメンタルを持ってるという評価があるけど、
それを証明してしまったね。

でも、国で括るのもまた良くないね。

デンベレとグリーズマンが幼稚。

グリーズマンは遊戯王トレーディングカードのアンバサダーに就任したらしいが、
コナミには再考してもらう必要がある。

記事は誤訳?本当は何て言った?動画あり

デンベレ選手が撮影したとされる問題の動画がこちらです。

この動画のタイトルには「アジア人に対する差別主義者」と記されており、2人の日本人差別を告発・非難する内容となっています。

しかし、先述した通り、デンベレ選手の発言には「誤訳」疑惑が指摘されているのです。

誤訳部分について、フランス政府の通訳を務める今井 佐緒里氏は次のように指摘しています。

フランス語の翻訳がおかしなことになっている部分があるようです。

1、「こんな醜い顔をして恥ずかしくないのか」。

聞き取りにくく議論がある部分です。

「醜い顔」より「汚いツラ」という訳かと。

報道の多くは、
デンベレがグリーズマンに向かって

「汚いツラ(を集めて)、
そこまでしてゲームをしたいのか、恥ずかしくないのか」
(グリーズマンがにっこり笑う)

のように言ったとされています。

2、「どんな後進国の言葉なんだ」。

第一報の英語の『サウス・チャイナ・モーニングポスト』が仏語をこう訳しました。

でも原語では

「くそったれ、この言語」

といった感じです。

「何言っているか全然わからない」

という感情表現と解釈できるかもしれません。

3、「お前の国は技術的に進んでいるのか、いないのか」。

これは言ってます。

一般論ですが、黒人は日本に好意的です。

差別と騒ぐより、
若者の鈍感や無知を正すほうが適している出来事だと思います。

※「Yahoo!コメント」より引用

上記の通り、デンベレ選手が確実に発言していたのは「お前の国は技術的に進んでいるのか」という部分だけだったのです。

字面だけを追うと、この発言も日本人に対する差別にも見えます。

しかし、今井氏によると、黒人の多くは日本に対して好意的であるため、差別する意図はないとのこと。

「お前の国は技術的に進んでいるのか」という文言自体は強烈ですが、今井氏の指摘を考慮すると、デンベレ選手の発言は次のようなニュアンスになると思われます。

解釈の一例

3人もいるのにゲームの設定に手こずって…

君たちの国は世界第三位の経済大国だろう?

日本の技術は本当に進んでいるのかい?

このように解釈すれば、デンベレ選手の発言は日本人への”差別”ではなく”苦言”と受け取れます。

しかし、それでも懸命に対応する日本人スタッフに対して礼節や誠意を欠いた言動であることは確かです。

いずれにせよ、問題の動画では聞き取りにくい部分が存在するため、そこを議論することなく日本人差別と断定することは早計と言えるでしょう。

もちろん、2人の発言が報道の通りであれば、それは決して許されるものではないことは明白です。

【7月7日追記】2選手が差別発言を謝罪

日本人差別と思われる発言をした2選手が、今回の騒動をSNS上で謝罪しました。

2人の謝罪について「J-CASTニュース」は次のように報じています。

デンベレはインスタグラムのストーリー機能を通じてメッセージを投稿した。

動画での発言は

「プライベートで、友人との間で、
相手がどこの国の人であろうと使う傾向があります」

と説明。

動画はもともとプライベートで撮影されたとした上で、

「このビデオが公開されたことで、
そこに映っている人たちが傷つく可能性があることは十分に理解しています。

だからこそ、
彼らに深く謝罪したいのです」

とした。

グリーズマンはツイッターで、
フランス語で次のような文章を投稿した。

「私は、どんな差別にも反対してきました。

ここ数日、
ある人たちが私をおとしめようとしています。

私に対する非難には断固として反論し、
日本の友人たちを怒らせてしまったならば申し訳ないと思っています」

(2021年7月6日配信)

上記の通り、2人は差別的な発言については謝罪したものの、あくまでも「差別の意図はない」というスタンスを示していたのです。

しかし、彼らの謝罪は形式的なもの過ぎず、自己保身に徹していたため、世間からは批判の声が殺到。

その結果、グリーズマン選手は「コナミ」との契約を解除されています。

補足

グリーズマン選手は「遊戯王TCG」のアンバサダーに就任していました。

ただ、これは差別発言の”余波”に過ぎず、この2選手に対しては更なる制裁が加えられることが予想されます。

スポンサーリンク