【課外活動とは何】京大でコロナのクラスター発生

時事

こんにちは。坊主です。

2020年7月24日、京都大学でクラスターの発生が確認されました。

京大の発表によると、コロナに集団感染したのは学生5人とのこと。

一体、この5人は誰なのでしょうか?

京大クラスター!学生5人がコロナに感染

京大で発生したクラスターについて「朝日新聞DIGITAL」は次のように報じています。

京都大(京都市左京区)は24日、
学内での課外活動に参加した学生ら計5人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表した。

京大はクラスター(感染者集団)が発生したとしている。

20代の男子学生1人の感染を21日に発表しており、
この男子学生と同じ日に活動に参加したり、
接触が疑われたりする計54人にPCR検査を実施したところ、
新たに4人の感染が判明したという。

京大の説明では、
最初に感染が判明した男子学生は、
7月11日と12日に屋外での課外活動に参加。

13日に発熱やせきなどの症状が出て17日に医療機関を受診し、
PCR検査を受けて20日に陽性と判明。

これを受け、
京大は21日からいったんすべての課外活動を停止したという。

(2020年7月24日配信)

上記の通り、今回のクラスターは、7月21日の時点で感染が確認された男子学生から引き起こされた可能性が高いのです。

この男子学生は”課外活動”に参加しており、その場にいた4人が感染したことになります。

世間の反応

「屋外での課外活動」で感染したようですが、
もっと具体的な状況を知りたいです。

屋外は比較的安全だと思っている人は多いはず。

注意すべき点を共有していかないと、
感染拡大は収まらない。

若者の感染を防止するためにも
京大にはクラスターの詳細を公表してもらいたいですね。

勿論、個人特定などへの配慮は重要だと思いますが。

大学生の課外活動を全面禁止にしろ。

こいつらの思考「終わったら飲みに行こうぜ」

クラスター起こらない方がおかしい。

コロナ感染の学生は誰?

コロナに感染した学生は誰なのでしょうか?

そこで、最初に感染が確認された男子学生について調べたところ、この人物は京都市内における”368例目”の感染者であることが分かったのです。

この情報を元に京都市の資料を見ると、以下の情報が確認されました。

上記の通り、最初にコロナに感染した学生は「大学院生」でした。

ただ、学部(学科)などは公表されていないため、記載以上の情報は得られていません。

「課外活動」とは何?

京大で最初に感染が悪人された院生は、「課外活動」に参加したことでクラスターを発生させたと考えられます。

一体、クラスターの発生源となった課外活動とは何だったのでしょうか?

そこで、この課外活動について調べたところ、「テニスサークル」という”噂”が囁かれていたのです。

しかし、現在までに京大のテニスサークルでクラスターが発生した事実は確認されていないため、単なるデマやガセの類だと思われます。

スポンサーリンク