【ALS患者:安楽死】逮捕:仙台市+東京都の医師は誰?名前(実名)は?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年7月23日、ALS病を患う女性患者を安楽死させたとして医師2人の逮捕状が請求されました。

一体、この医師2人は誰なのでしょうか?

医師2人がALS患者を安楽死させ逮捕へ

ALS患者を安楽死させた医師2人について、「京都新聞」は次のように報じています。

全身の筋肉が動かなくなっていく神経難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症した京都市の女性から頼まれ、
薬物を投与して安楽死したとして、
京都府警捜査1課などは23日、
嘱託×人の疑いで、
仙台市の医師の男(42)と、
東京都の医師の男(43)を逮捕する方針を固めた。

捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、
医師2人は被害女性の担当医ではなく、
直接の面識はなかったとみられる。

捜査関係者の説明では、
医師2人は京都市内の50代のALS患者女性から依頼を受け、
昨年(2019年)11月に同市内の自宅マンションを訪れ、
室内で薬物を女性の体内に投与し、
安楽死させた疑いが持たれている。

(2020年7月23日配信)

上記の通り、この医師2人は亡くなった患者の担当医ではありませんでした。

しかし、患者のマンションに設置された防犯カメラの映像から医師2人の身元が特定されたようです。

ただ、直接の面識もないことから、どのようにして接点を持ったのかが気になります。

世間の反応

当事者同士はお互いに納得づくの行為だろうから、
本来的には外部に出る話ではないだろうし、
出なければ警察だって動かないだろうに、
こういう結果になったということは、
患者の親族とかから、
こういった行為に疑義を持つ人でもいたのだろうか。

いずれにしても、
日本でももっと尊厳死について議論を深めた方がよいと思う。

医師も患者も苦渋の決断だったのでしょう。

こういう場合は誰が悪いとか安易に決めることができない。

安楽死を法的に認めて欲しい

苦しみながら生かされるのは本当につらいと思います(>_<)

仙台市の医師の男(42)と東京都の医師の男(43)は誰?名前(実名)は?

逮捕状が請求されている医師2人とは誰なのでしょうか?

報道によると、安楽死に関与した医師は「仙台市の男性(42歳)」と「東京都の男性(43歳)」と表記されています。

医師の名前(実名)が公開されていませんが、これは実際に逮捕されていないことが理由でしょう。

現在の時点では逮捕状が請求されているだけであり、逮捕されたわけではありません。

そのため、京都新聞の見出しも「医師2人を逮捕へ」と表記されているのです。

恐らく、逮捕された時点で医師の名前(実名)が公表されると思われます。

ただ、国民と司法の間には安楽死に対する見解の相違があるため、今回の逮捕に疑問の声も上がっています。

追記

逮捕されたのは、
呼吸器内科医の大久保 愉一医師と、
内科医の山本直樹医師です。

この2人はSNSを通じてALS患者とコンタクトを取っており、安楽死の見返りとして100万円以上の報酬を得ていました。

この医師2人については以下の記事をご覧ください。

日本で安楽死が認められる場合

日本の法律では、”原則”として安楽死を認めていません。

たとえ相手の同意があったとしても、「嘱託(しょくたく)×人」として逮捕・起訴されます。

しかし、過去には安楽死の是非を争った裁判があり、「ある一定の条件」を満たせば、安楽死の違法性が阻却されるという判決が下されてます。

その一定の条件がこちらです。

(1)不治の病に冒され死期が目前に迫っていること

(2)苦痛が見るに忍びない程度に甚だしいこと

(3)専ら死苦の緩和の目的でなされたこと

(4)病者の意識がなお明瞭であって意思を表明できる場合には、本人の真摯な嘱託又は承諾のあること

(5)原則として医師の手によるべきだが医師により得ないと首肯するに足る特別の事情の認められること

(6)方法が倫理的にも妥当なものであること

※Wikipediaより引用

この判決は「名古屋安楽死事件」をきっかけに、安楽死の是非を問う基準となりました。

今回の安楽死で逮捕される医師も上記6つの基準を元にして違法性が判断されることになります。

スポンサーリンク