【現役続行理由】SC相模原,川口能活の家族(嫁,子供)の名前や画像あり!年歩推移は?

こんにちは坊主です!!

今回は、『川口能活(かわぐちよしかつ)』さんを取り上げます。

彼といえば、元日本代表のゴールキーパーとして知られています。

サッカーファンでなくとも彼の名前は有名であり、日本代表選手として4度のワールドカップに選出され神がかりなセーブを連発し、”伝説のゴールキーパー”と称されています。

2017年現在でも神奈川県相模原市を拠点とする「SC相模原(J3リーグ)」の選手として、今尚現役で活動しています。

また彼はJ3リーグ戦の最年長出場記録を更新中であり、「41歳11ヶ月1日」という素晴らしい記録を持っています。

ネット上では、彼が現役を続行する理由について多くの関心が集まっています。

そこで、彼の現役続行理由について調査しました。

スポンサーリンク



SC相模原,川口能活の現役続行理由

彼は2017年現在、41歳となっています。

一般的にサッカー選手が現役で活動できる年齢は20代前半から30代前半だと言われています。

しかし彼は41歳というスポーツ選手の現役年齢をはるかに超えています。

彼が現役を続ける理由とはいったいどのようなものなのでしょうか?

この事について調査したところ以下の事が判明しました。

彼は26歳の時にイングランドのプレミアリーグ、ポーツマスに所属していた経験を持ちます。

そのポーツマスに所属していた当時44歳であったゴールキーパー選手が若手と同じように動き、また指導を受けた事に感銘を受け、現在でも現役を続ける要因になったと語っています。

また彼は、2009年と2011年に大きな怪我を負ってしまいます。

その怪我が原因で選手生命が断たれそうになりますが、彼は怪我を克服した事がきっかけで今尚現役選手であり続けられるとも明かしています。

この事について、2017年8月26日に配信された『THE ANSWER』は次のように報じています。

”SC相模原のGK川口能活が
鹿児島ユナイテッドFC戦に先発フル出場。

J3リーグ戦の最年長出場記録を更新した。

刻まれた数字は
「41歳11か月1日」である。

ポーツマスに在籍していた頃、
「今も現役を続ける要因になった」という出会いがあった。

「その時、
44歳のゴールキーパーが若手に指導しながら、
若手と同じような動きをしながらプレーしていたんです。

ゴールキーパーは長くできる。

年齢はいっていても、
10代、
20代の意識を持ち続けていることに
感銘を受けたんです。

とても44歳には見えなかった。
ヨーロッパで経験したことが
今も現役を続けるモチベーションに大いになったんです」

(中略)

「確かに怪我をする前よりパフォーマンスは落ちてしまった。

でも、
今も少しずつ治療を重ねながら、
少しずつパフォーマンスが上がってきている。

2つの大怪我で挫折感を味わったけど、
でもいい時のイメージがあるから、
今も諦めきれない。

自分の納得のいくレベルまでは上げたい」

そう言って、
川口は「怪我に勝ちたいんです」と言葉に力を込めた。

その思いがあるから、
J1で華々しく幕を引くのではなく、
泥臭くとも現役にこだわっているのだという。”

同紙が掲載している通り、彼は自身が経験した過去から現役であり続ける理由を語っています。

彼は41歳という現役サッカー選手としては高齢ながら、今尚ピッチに立ち輝かしい記録や功績を収めています。

スポンサーリンク



SC相模原,川口能活の家族(嫁,子供)の名前や画像あり!

今回のこの報道を受けて、彼の私生活に関心が集まっています。

彼は結婚し子供が居る事は周知の事実です。

しかし彼の妻や子供の名前についてはあまり知られていません。

また彼のWikipediaにも妻や子供の名前は掲載されていません。

そこで、今回は彼の妻や子供の名前について調査してみました。

まず初めに妻について調査したところ以下の事が判明しました。

彼は2005年に彼より3歳年下である「佳苗」さんと結婚しています。

彼と彼女の馴れ初めは、彼が海外移籍時代に後の妻とある彼女と知り合い、意気投合し結婚に至ったとされています。

この事について、2006年5月22日の『YAHOO!知恵袋』には次のように掲載されています。

”質問者

川口能活って結婚していたんですね。

奥さんってどんな人ですか?

かなえさんというらしいですけど。

回答者

2005年1月4日に結婚していたようですね。

お相手は、
川口選手より3歳年下の佳苗さん。

2003年9月、
イングランド1部リーグのポーツマスからデンマークリーグのノアシェランに移籍し、
交換留学生でコペンハーゲンの大学でデンマーク語を勉強していた女性と知り合った。

当初は友達感覚でつき合っていたが、
2カ月後に彼女が留学期間を終えて帰国。

その後も連絡を取り合って愛をはぐくんだ。”

同紙が掲載している通り、2人の出会いは海外であり、その後日本に帰国し結婚に至ったとされています。

その妻である「佳苗」さんの画像はこちら。

その後彼らの間には、2人の子供が誕生しています。

2007年には第1子である「長女」が、2013年に第2子である「長男」が誕生。

2017年8月26日現在は「一男一女」の家族構成となっています。

そこで、子供の名前について調査したところ長女の名前は「鈴々(りり)」さんである事が判明しました。

この事について、ウェブサイト『サッカー選手の子供の名前』では以下のように掲載されています。

”川口能活

鈴々(りり)”

同サイトには長女の名前は「鈴々(りり)」さんであると掲載しています。

しかし長男の名前は掲載されていません。

長男の名前をネット上で調査しましたが、公表されているのは長女のみであり、長男の名前は非公表となっていました。

また子供達の画像を調査しましたが、双方とも顔の公表はされていませんでした。

スポンサーリンク



SC相模原,川口能活の年歩推移は?

輝かしい功績を収めている彼ですが、やはりネット上では彼の年俸推移について多くの関心が集まっています。

彼は1994年から2017年(現時点)まで現役選手として活動しています。

その事から、彼の年俸も素晴らしいことになっていると思われます。

現在の彼の年俸について調査したところ詳細な情報は得られませんでしたが、ウェブサイト『マネスポ』は過去の彼の年俸について掲載されていました。

”2005年(30)
6000万円

2006年(31)
6000万円

2007年(32)
6000万円

2008年(33)
6600万円

2009年(34)
7200万円

2010年(35)
7200万円

2011年(36)
3000万円

2012年(37)
3500万円”

同サイトには過去の彼の年俸推移を掲載しています。

しかし現在の彼の年俸までは掲載されておらず、詳細な情報は不明です。

またこの金額はあくまでもネット上に掲載されているものであり、掲載されている金額がその全てではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)