【妊娠】守谷絢子の今↓新居のマンションはどこ?目撃は?夫:守谷慧の経歴

時事

こんにちは。坊主です。

今回は守谷絢子さんを取り上げます。

高円宮家の”三女”として誕生した絢子さんですが、守谷 慧さんと結婚したことで皇室を離れ、現在は民間人として暮らしています。

そんな中、絢子さんの妊娠が報じられ世間の注目を集めています。

令和皇室がスタートして3か月、
おめでたいニュースが飛び込んできた。

高円宮家の三女である守谷絢子さん(28才)が懐妊したという。

「絢子さんが懐妊されたそうです。

結婚から9か月、待望の第1子の知らせでした。

もう周囲が気づくぐらい、
お腹はふっくらとしています。」

「今年(2019年)3月にはスキー旅行を楽しまれていたので、
妊娠がわかったのはその後のことでしょう。

体調管理に気を使っているそうですが、
幸せいっぱいの生活を送っているようですね」
(別の宮内庁関係者)

※「NEWSポストセブン」より引用
(2019年7月31日配信)

同誌によると、出産は2019年冬を予定しているとのこと。

ただ、現在の時点では子供の性別は分かっていません。

今回は、妊娠が報じられた守谷絢子さんについて調べてみました。

守谷絢子さんの新居(マンション)はどこ?

結婚後は民間人として生活している絢子さんですが、現在はどんな暮らしをしているのでしょうか?

冒頭のNEWSポストセブンによると、今は”普通の主婦”として堅実に暮らしているようです。

ご結婚により皇室を離れて以降、
絢子さんは主婦として“普通の暮らし”を送っているという。

「絢子さんの自宅マンションは、
100平方メートルほどで住戸が2つの階に連なるメゾネットタイプ。

家賃は30万円ほどです。

ご自身で近所のスーパーに買い物に行き、
ネット通販も活用するなど、
一般的な生活をしているそうです。

上記の通り、現在の新居はマンションのようです。

具体的な住所こそ記載されていませんが、結婚当時の報道では「港区のマンション」と報じられていました。

関係者によると、
新居は日本郵船に勤める守谷さんの通勤しやすさや親族との距離などの事情を踏まえ、
東京都港区内の物件に決まった。

※「世界日報」より引用
(2018年10月30日配信)

夫の慧さんは「港区高輪」に住んでいたため、恐らくは現在の新居も高輪付近だと予想されます。

新居周辺での目撃情報は?

ネット上を隈なく調べてみても、新居周辺での目撃情報は報告されていませんでした。

もし今後、目撃情報が寄せられれば、その地点から新居の場所が特定できるかもしれません。

夫:守屋慧さんの自宅マンションはドミール高輪

結婚前の慧さんは高輪のマンションに住んでいましたが、思わぬことが原因でマンション名が判明してしまいました。

それが以下の写真です。

これはマンション前で取材陣に挨拶する場面ですが、注目すべきは慧さんの背後にある「防犯カメラ作動中」という注意書きです。

実は、これと全く同じ注意書きが掲げられている物件が不動産サイトより確認されたのです。

その物件がこちらです。

上記の通り、この物件は「ドミール高輪」といいます。

背景に加え「高輪」という所在地まで一致していることから、慧さんの自宅マンションは「ドミール高輪」とされています。

夫の経歴

慧さんの経歴がこちらです。

1986年3月24日、
通商産業省(現経済産業省)官僚だった父治さんと母季美枝さん=2015年死去=の長男として誕生。

フランス・パリで幼少期を過ごし、
慶応大文学部卒業後、
09年から日本郵船に勤務。

今年(2018年)3月からは途上国の子どもを支援するNPO団体「国境なき子供たち」の理事に就任。

趣味はマラソン、トライアスロンなど。

※「世界日報」より引用

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!