【小金沢昇司】酒気帯び⇒追突事故⇒逮捕

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、演歌歌手の小金沢 昇司さんを取り上げます。

2020年11月29日、小金沢さんの逮捕が報じられ世間の注目を集めています。

一体、彼は何をしたのでしょうか?

小金沢 昇司が酒気帯び運転で追突事故⇒逮捕

逮捕された小金沢さんについて「日テレNEWS24」は次のように報じています。

酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは演歌歌手の小金沢昇司容疑者(62)です。

捜査関係者によりますと、
小金沢容疑者は28日昼過ぎ、
杉並区の路上で車を運転中に追突事故を起こしました。

小金沢容疑者は通りかかった警察官に事故を申告しましたが、
警察官が不審に思い呼気を調べたところ、
基準値の1リットルあたり0.15ミリグラムをやや上回るアルコールが検出され、
その後、逮捕されたということです。

調べに対し小金沢容疑者は

「お酒を飲んで車を運転し
交通事故を起こしたことは間違いありません」

と容疑を認めているということです。

(2020年11月29日配信)

上記の通り、小金沢さんは酒を飲んで車を運転し、追突事故を起こしていたのです。

本人は容疑を認めているとのことですが、事故の詳細などが不明です。

場合によっては起訴される可能性も十分に考えられます。

世間の反応

これだけ飲酒運転の問題が騒がれてる中で、
なぜまだ酒を飲んで運転する人がいるのだろうか?

捕まらないから大丈夫ではなく、
それによって事故を起こし、
亡くなってしまう人がいる可能性、リスクを考えると、
飲酒運転なんか出来るわけない。

何時まで飲んでたのか知らないが
このご時世、あれだけ言われてるのに
結構、歳をとって人は、昔、飲酒運転が厳しくなかったから
その考えで過ごしてる人が少なくない。

28日昼過ぎですか、

夜通し飲んでいたのか朝から飲んでいたのかですけど、
ホドホドにしておかないとね。

自分はアルコールは付き合いで少量飲む以外では飲まないし、
家で飲む事も無いので、
こう言う状況にはならない自信が有りますけど、
お酒好きな人は飲んで善悪の分別がつかなくなるのですかね。

実刑or執行猶予?

酒気帯び運転で逮捕された小金沢さんですが、実刑となるのでしょうか?

世間一般では「初犯=執行猶予」というイメージが定着してます。

しかし、初犯だからといって必ずしも執行猶予が付くとは限らず、場合によっては初犯で実刑判決を受けることがあるのです。

執行猶予が付く可能性があるのは次の通りです。

執行猶予が付く可能性

(1)初犯であること

(2)前科がないこと

(3)懲役3年以下または罰金50万円以下であること

※「https://keiji.authense.jp/column/keiji-8.html」参照

酒気帯び運転の法定刑は「懲役3年以下」または「罰金50万円以下」であるため、小金沢さんに執行猶予が付く可能性は十分にあると思われます。

しかし、反省の態度がない場合や容疑を否認している場合などは裁判官の心証を悪くするため、上記のケースでも実刑になることもあり得ます。

スポンサーリンク