【現役引退理由】丸山桂里奈は勘違い?オフサイドを知らない?

こんにちは坊主です!!

今回は、『丸山桂里奈(まるやまかりな)』さんを取り上げます。

彼女といえば、女子サッカーの元日本代表選手(なでしこジャパン)のフォワードとして知られています。

2002年に韓国で開催された第14回アジア競技大会の北朝鮮戦で、日本代表選手としてデビューを果たしています。

その大会での活躍により、その後様々な国際大会に出場し2011年にドイツで開催されたFIFA女子ワールドカップでは日本初優勝に貢献し、国民栄誉賞を授与されその名前を世間に知らしめました。

そんな輝かし功績を収めていましたが、2016年シーズン限りで現役を引退する事を発表され、世間の注目を集めました。

彼女の引退理由とはいったいなんだったのでしょうか?

今回は彼女の引退理由について調査しました。

スポンサーリンク



丸山桂里奈の現役引退理由

冒頭でも掲載しましたが、彼女は2016年シーズン限りで現役を引退を発表し世間の注目を集めました。

彼女の現役引退理由はいったいなんだったのでしょうか?

この事について調査しましたが、彼女は引退理由を公表していません。

彼女が所属していた「スペランツァFC大阪高槻」の公式ホームページにも引退理由についての記述はありません。

しかし一部ネット上では、怪我のため現役を引退したと噂されています。

果たしてこの噂は事実なのでしょうか?

この情報を元に調査していくと、彼女のオフィシャルブログ『マウカリトーレ』には以下のように掲載されていました。

”クラブからのリリースがありましたので、
ブログの方でも報告させていただこうと思いました。

「今季で引退することになりました」

私がサッカーを始めて、
今年で22年経とうと
しています。

これまで沢山の方々に支えていただき
本当に感謝してもしきれません。

まわりのみなさんの支えがなかったら、
今サッカー選手として
ピッチに立つ事が出来ていないと思います。

色々なことがその時、
その時でありました。
なかなかブログでは書ききれないことが多いですが、
それでもどんな時もサッカーが好きで、
上手くなりたいと言う気持ちを
ずっと持ってやってきました。

サッカーを辞めたいと思った事がなかった中、
2011年9月に怪我を負った時は、
初めてサッカーを辞めたいと思うことがありました。

(中略)

そしてオリンピック以降、
怪我の影響もあり自分らしいプレー、
納得いくプレーが一度も出来ず、
代表も諦めなくてはいけなくなったことは
本当に悔しかったですが、
そんな時、
チームメイトが近くで支えてくれました。”


2016年9月30日配信
※一部改変

同ブログに掲載している通り、彼女は2016年限りで現役を引退する事を発表しています。

しかしブログ内には引退理由について詳細な記述はありませんが、怪我に悩まされていた事を明らかにしています。

また彼女は同ブログ内で様々な出来事があったと綴っている事から引退理由は数々ある事がわかります。

この事から、ネットで囁かれている怪我のため引退という噂は1つの理由ではないでしょうか?

また彼女は現役時代に、その美貌から様々なメディアに出演しグラビア等にも挑戦しています。

しかし一部ネット上では、「勘違い」だと噂されています。

果たしてこの噂は事実なのでしょうか?

今回は、彼女が勘違いだと言われている事について調査しました。

スポンサーリンク



丸山桂里奈は勘違い?

冒頭でも掲載しましたが、彼女は2011年にドイツで開催されたFIFAワールドカップで日本初優勝に貢献した事から、国民栄誉賞を授与され一躍世間の注目を集めました。

注目を集めた事から数々のメディアに出演し、グラビア等にも挑戦しています。

しかし一部ネット上では勘違いだと噂されています。

果たしてこの噂は事実なのでしょうか?

この事について調べた結果、以下の事が判明しました。

彼女は”なでしこジャパン”のビジュアル系として、様々なテレビ番組やイベントに出演していました。

またビクターから「Happy Birthday to You」という曲で歌手デビューを果たしています。

しかしこの曲を発表したことがきっかけで世間やネットから勘違いしていると批判を受けてしまいます。

また彼女はサッカー選手でありながら、テレビ出演等が多忙のため公式戦の集合時間に遅刻するなどがあり、世間の反感を買いました。

こうした理由のためネットでは勘違いだと噂されています。

この事について、2011年8月5日に配信された『日刊サイゾー』は次のように報じています。

””なでしこ”のビジュアル系として、
これまで数多くの番組に出演している。

そしてついには
「Happy Birthday to You」(ビクター)で歌手デビュー。

同曲はW杯期間中に
丸山がスタッフの誕生日を祝ってアカペラで熱唱したもので、
今月3日から配信されている。
 
だが、
ネット上の評価はイマイチで

「これはひどい」

「何を勘違いしているんだ」

と辛らつな意見が相次いでいる。

(中略)

それが”本業”に影響を与えそうな勢いだから、
困ったもの。

先月24日の「なでしこリーグ公式戦」では、
チームの集合時間に遅刻。

これに怒った千葉の上村監督は
当初スタメンで起用する予定だった丸山を外し、
途中出場させた。”

同サイトに掲載されている通り、彼女は本業であるサッカーを疎かにした事から勘違いをしていると批判を受けていた事を報じています。

しかし彼女のファンや女子サッカーファンは全く別な考えを持っています。

現在は女子サッカーというとメジャーなスポーツと認識されていますが、2011年の初優勝以前はあまり世間の認知度は高くありませんでした。

そこで2011年の優勝を期に、彼女がメディアに露出することで、女子サッカーの認知度を高めようとしたとファンの間では語られています。

この事について、2011年8月5日の『YAHOO!知恵袋』には以下のように掲載されています。

”質問者

なでしこJAPAN「丸山桂里奈」が
タレント化しているというニュースが取り上げられていますが
どう思いますか?

回答者

いいことですよね。

これですこしサッカーのことが世間に広まれば。
だって、
サッカーってどこがすごいのかわからないんです。

(中略)

サッカー人気と言っても、
サッカーのすごさが
まだ世に伝わっていません。

どんどんタレント化して、
サッカーの「底力」を見せていただきたいと
思います。”

確かに彼女はメディア露出が増えた事で本業であるサッカーの試合時間に遅刻するなど批判を受けましたが、彼女の露出が増えた事で女子サッカーというスポーツが認知されたのも事実です。

スポンサーリンク



丸山桂里奈はオフサイドを知らない?

彼女は現役引退後は、ホリプロに所属しタレントに転身しています。

タレント転身後は、その明るいキャラクターで様々なバラエティ番組に出演し人気を博しています。

しかし彼女が以前出演したバラエティ番組で衝撃的な発言をした事がきっかけで世間の注目を集めました。

その発言とは「オフサイドを知らない」という発言です。

オフサイドとは、サッカーなどで、選手がプレーしてはいけない位置ありながらプレーする反則の事をいいます。

彼女はサッカー選手でありながら、このルールを理解していなかったと2017年6月20日に日本テレビ系で放送された「踊る!さんま御殿!!」で発言しています。

この事について、2017年6月20日に配信された『デイリー』は次のように報じています。

”サッカー女子の元日本代表「なでしこジャパン」のFWで、
昨シーズン末に現役を引退した丸山桂里奈さんが20日、
日本テレビ系「踊る!さんま御殿!」に出演し、
サッカーの「オフサイド」のルールについて
「ずっと理解できなかった」などと
“トーク”を展開した。

(中略)

日本代表になってもオフサイド・ルールを
理解していなかったという丸山について、
出演者たちは逆に感心しきりの表情も見せ、
脳科学者の中野信子氏は、

「それをカバーして有り余る才能があったんですよ」

などと分析していた。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼女はオフサイドというルールを理解していなかったと語っています。

サッカー選手でありながらルールを知らないという発言は衝撃的で世間の注目を集めましたが、この発言がきっかけで”おバカキャラ”として認知され、現在様々なテレビ番組に出演し人気を博しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)