【シートベルト偽装】彦根:ジョイソンの納品先はどこ?リコール車種は?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年10月14日、”ある自動車部品メーカー”による不正が内部告発され、世間の注目を集めています。

内部告発を受けたのは「ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン」(以下、ジョイソン)で、安全の基準値を満たさないシートベルトを複数の自動車メーカーに納品していたようです。

一体、同社が納品した自動車メーカーはどこなのでしょうか?

ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパンが偽装で内部告発

シートベルトの不正が告発されたジョイソンについて、「日テレNEWS24」は次のように報じています。

国土交通省によりますと、
経営破綻したタカタの健全な事業を引き継いだとされる自動車部品メーカー『ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン』の滋賀県彦根市の工場で、
社内の基準を満たしていないシートベルトを製造し、
自動車メーカーに出荷していたということです。

関係者によりますと、
不正は今年(2020年)の春に内部告発で発覚し、
出荷の際、
製品の数値を基準を満たしたかのように改ざんしたとみられています。

この会社は、
シートベルトの製造が国内首位で、
多くの自動車メーカーに納品しているため、
今後、
大規模なリコールに発展する可能性が出ています。

(2020年10月14日配信)

上記の通り、偽装(不正)が発覚したのはジョイソンの彦根工場でした。

ジョイソンの製造するシートベルトは国内トップクラスのシェアを誇るため、今回の偽装により、大規模なリコールに繋がる可能性が高いと思われます。

また、場合によっては損害賠償を請求されることも考えられます。

世間の反応

タカタ後継会社がシートベルト検査を改竄!?

マジかよ…

リコールの前に今すぐ公表しろ、使われてる車種。

悪質だ。

エアバッグ不正で倒産したタカタの後釜についたジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパンがシートベルトの不正したらしい 

外資なのかな

タカタから事業を引き継いだらしいが
工場も同じ所使ってるのかな??

だとしたら
工場がおかしな環境になってるんじゃないのか

シートベルトの納品先(出荷先)はどこの自動車メーカー?

ジョイソンが製造した偽装シートベルトはどこの自動車メーカーに納品(出荷)されたのでしょうか?

そこで、同社の取引先を調べたところ、以下の情報が確認されたのです。

いすゞ自動車株式会社

スズキ株式会社

株式会社SUBARU

ダイハツ工業株式会社

トヨタ自動車株式会社

日産自動車株式会社

日野自動車

本田技研工業株式会社

マツダ株式会社

三菱自動車工業株式会社

※「https://job.rikunabi.com/2021/company/r528922088/」より引用

上記の通り、ジョイソンの取引先には日本を代表する自動車メーカーが軒を連ねています。

このことから、日本国民の大半がリコール対象となり得ると思われます。

リコール対象の車種は?

現在のところ、リコールの対象となる車種については公表されていません。

そのため、リコールの対象となる車種については不明となっています。

ただ、偽装(不正)の期間によっては、国民の”ほぼ全て”がリコールの対象になるかもしれません。

スポンサーリンク