【琉球大学】パワハラ教員は誰で名前は?何した?

時事

こんにちは。坊主です。

2021年6月27日、琉球大学において教員によるパワハラが報じられ世間の注目を集めています。

大学側は教員によるパワハラを事実と認め、この教員を停職10日の懲戒処分にしました。

一体、この教員は誰なのでしょうか?

また、パワハラとは何をしたのでしょうか?

琉球大学の教員が大学院生3人にパワハラ行為

学生に対してパワハラをしていた琉球大学の教員について、「琉球新報」は次のように報じています。

琉球大学は25日、
大学院生3人に対して、
精神的な攻撃などハラスメント行為をしたとして、
教員1人を停職10日の懲戒処分にしたと発表した。

琉球大によると教員は、
自らが担当する大学院生3人に対して、
不当な取り扱い、精神的な攻撃、
権限の乱用などによる妨害的行為、
進路に関する不当な妨害や干渉をした。

学生の人格や尊厳を傷つけ、
就学環境を悪化させて精神的苦痛を与えたとして、
「悪質なハラスメント行為」に該当すると判断、
14日付で停職10日の懲戒処分をした。

(2021年6月27日配信)

上記の通り、この教員は自身の優位的立場を悪用して様々なパワハラ行為に及んでいました。

この教員は学生の進路にまで口を挟み、それを不当に妨害していたようです。

一体、問題のパワハラ教員とは誰なのでしょうか?

世間の反応

圧倒的なパワーのもとでの悪質行為、それが停職10日とは。

正直、院生と教員の力関係は、学部生と教員以上の力関係。

今までもそうだったが、
大学という旧態依然の体制が出ている。

こういう教員は、免職されてしかるべき。

実名を公表してその教員の社会的信用度を失墜させることも無く、
たった10日の停職だけならばそれは罰でも何でもない。

もはやただのバカンスだ。

長期にわたる院生たちの苦しみに見合う懲戒だとはとても思えない。

本気で再発防止に取り組むのなら実名報道した方が良い。

抑止力にもなるし、
他にも事例があるかもしれないし

パワハラとは何した?教員は誰で名前は?

学生3人のパワハラ行為に及んでいた教員ですが、大学側はこの人物の素性を公表していませんでした。

そのため、教員の名前や年齢はおろか所属さえも不明なのです。

パワハラの事実を隠蔽することなく公表したことは評価できますが、それでも教員の名前(実名)を明かさないことに関しては批判の声が上がっています。

教員の名前を伏せることは、大学側が教員を擁護していると解釈されても仕方ないでしょう。

SNSや匿名掲示板を見ても教員の特定に繋がる情報はリークされていないため、現在の時点で個人を特定することは困難です。

ちなみに、パワハラの内容についても詳細が公表されていませんが、報道された事実から察するに、以下のことが推測されます。

パワハラの内容とは?

〈1〉学生を誹謗中傷したり罵声を浴びせた

〈2〉研究(授業)に参加させない

〈3〉成果(論文)を受け取らない

〈4〉就職先に根回しして選考から外す

上記の内容はあくまで推測に過ぎませんが、これらに類する行為をしていたのかもしれません。

この教員について情報をお持ちの方はコメント欄よりお知らせ下さい。

スポンサーリンク