【死因:老衰】羽田孜元首相が死去!嫁や息子,羽田雄一郎の現在は?省エネルックとは?

こんにちは坊主です!!

今回は、『羽田孜(はたつとむ)』さんを取り上げます。

彼といえば、第80代内閣総理大臣として知られています。

しかし孜氏の在職期間は1994年4月28日から同年6月30日までの間であり、現憲法下では最短の短命政権となっています。

その後、様々な政党を経て、民主党(現民進党)で活躍。

2012年に政界を引退し、2013年に長年にわたって功労が優れている人物に授与される最高勲章の一つ「桐花大綬章(とうかだいじゅしょう)」を受章しています。

そんな華々しい功績を収めていた孜氏ですが、2017年8月28日に老衰のため死去した事が報じられ世間の注目を集めています。

今回は、そんな孜氏について調査してみました。

羽田孜元首相が死去!死因は老衰

冒頭でも掲載しましたが、孜氏は2017年8月28日に東京都内の自宅で老衰のため死去した事が報じられました。

孜氏の訃報を報じたのは『時事通信社』です。

この事について、2017年8月28日に配信された同紙は次のように報じています。

”羽田孜元首相が28日午前7時6分、
老衰のため、
東京都内の自宅で死去した。

82歳だった。

東京都出身。

政治改革の実現を唱えて自民党を離党し、
1994年に非自民連立政権で首相を担ったが、
在職日数は現行憲法下で最短の64日間だった。

葬儀は9月8日午後1時から
東京都港区南青山2の33の20の青山葬儀所で。

喪主は妻綏子(やすこ)さん。”

同紙が掲載している通り、孜氏は老衰のため東京都内の自宅で死去した事を報じています。

また今回の訃報を受けて、孜氏の私生活について感心が集まっています。

今回は孜氏の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



羽田孜元首相の嫁や息子,羽田雄一郎の現在は?

今回の訃報で大きな注目を集めている孜氏ですが、私生活は公表しているのでしょうか?

羽田氏の私生活について調査したところ以下の事が判明しました。

上記で引用した「時事通信社」の記事には、喪主を務めるのは妻の「綏子(やすこ)」さんと掲載している事から、結婚していることは明白です。

しかし綏子さんについて調査しましたが、素性や顔などの情報は公表されておらず不明です。

また孜氏の子供について調査したところ、子供は民進党所属の「羽田雄一郎(はたゆういちろう)」氏である事が判明しました。

雄一郎氏は、2017年現在、民進党団体交流委員長を務めています。

以前は、参議院国土交通委員長や国土交通大臣、民主党参議院幹事長を歴任するなど華麗なる経歴の持ち主でもあります。

雄一郎氏は、玉川大学の学士や保育士の資格を保持し、「税の仕組みの再構築」や「国民の暮らしと繁栄」を挙げ、政策に取り組んでいます。

また父親である孜氏と同様に夏季には「省エネルック」を愛用しています。

この省エネルックというのはいったいどういうものなのでしょうか?

これについて調査したところ、クールビズの先駆けである事が判明しました。

また孜氏はこの省エネルックの普及を務めていたとされています。

今回は、この省エネルックについて調査してみました。

スポンサーリンク



羽田孜元首相の省エネルックとは?

この省エネルックとは、クールビズの先駆けであり、半袖開襟のワイシャツや背広のスタイルで、東南アジアなどの地域のスタイルを取り込んでいます。

1979年当時、内閣総理大臣であった「大平正芳(おおひらまさよし)」氏が第2次オイルショックの影響を受けて、提唱したと言われています。

大平氏や孜氏らの政治家が推進していましたが、あまり普及せず、2017年現在では殆ど愛用している政治家はいません。

しかし孜氏は生前この省エネルックを愛用し、様々な行事に参加していました。

また息子の雄一郎氏もこれにならい、2017年現在でもこの省エネルックで国会や政治的行事に参加しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)