【日本ハム,クビ?】田中賢介と結婚した嫁,西森千芳の馴れ初めや子供の名前!成績や年俸推移,画像あり!

こんにちには坊主です!!

今回は、『田中賢介(たなかけんすけ)』さんを取り上げます。

彼といえば、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(内野手・外野手)としてその名前を広く知られています。

彼は福岡県筑紫野市出身であり、幼少期の頃から野球を始め、そのキャリアをスタートさせます。

東福岡高校に進学後、野球選手の頭角を現し全国高校野球大会に出場するなど、プロ入り前から注目を集めていました。

1999年に行われたドラフト会議で同球団から2巡目指名を受け、プロ入りを果たします。

プロ入り後は、その卓越した身体能力と打撃センスでチームに貢献し好成績を収め、2009年には同球団の選手会長となりました。

2012年には海外FA権を行使してメジャーリーグ挑戦を表明し、2013年1月にアメリカ・カリフォルニア州を拠点とする「サンフランシスコ・ジャイアンツ」やテキサス州を拠点とする「テキサス・レンジャーズ」に入団し、海外でも数々の好成績を収めました。

その後、2014年に古巣の北海道日本ハムファイターズに復帰し、2017年現在でも同球団で活躍しています。

そんな華麗なる経歴を持つ彼が、ネット上で球団をクビになったと噂され、話題を呼んでいます。

果たして噂は事実なのでしょうか?

そこで今回は、この噂について調査してみました。

スポンサーリンク



田中賢介が日ハム,クビ?

冒頭でも掲載しましたが、ネット上で彼が北海道日本ハムファイターズをクビになったと噂され、注目を集めています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂を調査しましたが、誤りである事が判明しました。

またこの噂の出所を調査したところ、彼が2017年12月4日に行われた契約更改の記者会見での発言が関係していました。

この事について2017年12月4日に配信された『日刊スポーツ』は次のように報じています。

“日本ハム田中賢介内野手(36)が4日、
札幌市内の球団事務所で大幅減俸となる1億2500万円ダウンの年俸7500万円プラス出来高で
契約更改した。

ダウン幅は野球協約の減額制限(1億円以上は40%)を
大きく超える62・5%。

(中略)

シーズン終了後に球団から今季年俸の2億円から
大幅に減俸となる旨も通知されていた。

「事実上のクビと同じだから、
いろいろ考えた。

時間がかかりました」と、

思い悩んだ末に残留を決断。

来季へ向けて

「やるだけですね」と、

力を込めた。”

同紙が掲載している通り、彼は記者会見でクビ同然と発言しています。

この発言がきっかけで一部ネット上の方が勘違いしてしまい、このような噂が囁かれいます。

しかし彼は、球団をクビになったわけではなく、年俸が大幅に減少したというものです。

スポンサーリンク



田中賢介と結婚した嫁,西森千芳の馴れ初めや子供の名前!

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では彼の私生活について感心が集まっています。

彼は私生活を公表しているのでしょうか?

そこで彼の私生活を調査したところ、元札幌テレビのアナウンサー「西森千芳(にしもりちほ)」さんと結婚している事が判明しました。

彼らは、2010年頃に共通の知人を介して知り合い、交際に発展し結婚に至っています。

この事について、2012年1月18日に配信された『日刊スポーツ』は次のように報じてます。

“日本ハム田中賢介内野手(30)が、
札幌テレビの西森千芳アナウンサー(26)と、
結婚を前提に真剣交際をしていることが17日、
分かった。

一昨年ごろ共通の知人を介して知り合い、
昨年に入って本格交際に発展した。”

同紙が掲載している通り、彼らは共通の知人を介して知り合い、交際に発展しています。

結婚した時期については詳細な情報は不明ですが、その後、第1子である長男「達之助」さんが誕生しています。

この事について、2016年9月29日に配信された『サンスポ』は次のように報じています。

“2012年以来4年ぶり7度目(前身の東映時代を含む)のパ・リーグ優勝を飾った。

本拠地、
札幌ドームの家族席には、
毎試合のように田中賢介内野手(35)の夫人・千芳(ちほ)さん(30)、
長男・達之介くん(2)の姿がある。”

同紙が掲載している通り、彼らは結婚しており、長男「達之助」さんが誕生しています。

しかし同紙では、「達之助」さんの素性についての言及はされていません。

そこで2017年現在の達之助さんの素性を調査しましたが、一般の方という事もあり、顔や通っている学校などは非公表となっていました。

スポンサーリンク



田中賢介の成績や年俸推移

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、やはり多くの方が彼の成績や年俸について感心が集まっています。

そこで彼の成績を調査したところ、ウェブサイト『NPB』にはいかのように掲載されています。

また年俸について調査したところ、ウェブサイト『グラゼニ.com』には以下のように掲載されています。

“2018年
7500万円 北海道日本ハムファイターズ
2017年
2億円
2016年
1億5000万円
2015年
1億5000万円
2012年
2億7000万円
2011年
2億5000万円
2010年
1億9000万円
2009年
1億4000万円
2008年
7500万円
2007年
4500万円
2006年
1350万円
2005年
1500万円
2004年
1350万円
2003年
1300万円
2002年
1000万円
2001年
850万円
2000年
800万円”

同サイトの通り、上記のような年俸となっています。

しかしこの年俸は推移であり、この全てではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)