【死因:病気】フジテレビ:佐藤義和が死去↓結婚した嫁の画像

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、テレビプロデューサーの佐藤義和さんを取り上げます。

かつてはフジテレビのディレクターとして活躍しており、現役時代には「ひょうきん族」を手掛けた人物として知られています。

そんな佐藤さんの死去が報じられ世間の注目を集めています。

一体、死因は何だったのでしょうか?

フジテレビ:佐藤義和が病気で死去

死去した佐藤さんについて「日刊スポーツ」は次のように報じています。

タモリ(75)ビートたけし(73)明石家さんま(65)らをテレビの人気者にした元フジテレビのプロデューサー、
佐藤義和さんが先月、
移住先の沖縄で亡くなっていたことが1日、分かった。

72歳だった。

肝臓を悪くしており、病死とみられる。

※「https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202012010001011.html」より引用

上記の通り、佐藤さんは移住先の沖縄で死去されました。

ただ、具体的な死因については言及されていません。

一体、死因の病気(病名)は何だったのでしょうか?

世間の反応

フジテレビが元気だった時代の名物ディレクターですね。

私はダウンタウンのファンだけど
番組で浜ちゃんとキスしたりしてたのを思い出します。

サトちゃん、お疲れ様でした。

ご冥福をお祈りいたします。

時代は回るからいつしかまた面白いフジテレビの時代が来るのかな?

今は全く見なくなったけど・・・

バラエティー音楽番組全盛期でしたね。

ありがとうございました。

あの「ひょうきん族」のディレクターを、30代の若さでやってたのか。

確かにそれまでの笑いとは全く違ってたし、
やっぱり若い感性でないと生まれないよな。

死因は肝臓の病気?病名は?

生前の佐藤さんは大の酒好きとして有名で、酒豪だったようです。

そのため、肝臓を悪くしており、これが死因だと思われます。

一般的にアルコールを継続的に摂取すると、「脂肪肝」になります。

脂肪肝とは、肝臓に脂肪がついた状態ですが、これは誰しもがなり得る病気です。

しかし、脂肪肝の状態で更にアルコールを摂取し続けた場合、「アルコール性肝炎」へと症状が進行します。

アルコール性肝炎と診断された患者の多くはアルコール依存症であり、自力での断酒が困難なケースが大半を占めています。

この状態で更にアルコールを摂取し続けると、「肝硬変」に変異します。

肝硬変はアルコール性肝炎の”最終段階”で、主な症状としては「腹水」「黄疸」「発熱」などが挙げられます。

アルコール性肝炎および肝硬変でも死亡例が数多くあるため、佐藤さんの死因もこれに類するものだと思われます。

結婚した嫁(妻)は看護師↓画像あり

佐藤さんのWikipediaを調べたところ、「配偶者あり」と記載されていました。

参照先

https://ja.wikipedia.org/wiki/佐藤義和

ただ、奥さんは一般人であるため、詳しい素性(名前・年齢・職業)などは記載されていませんでした。

一体、奥さんはどんな人物なのでしょうか?

そこで、佐藤さんの妻について調べたところ、以下の画像が確認されたのです。

今朝のゲストは
ご主人がフジテレビを早期退職後、
ご夫婦で沖縄に移住してこられたプロデューサーとして
バラエティ番組を支えてこられた<ゲーハー>と異名をお持ちの(笑)佐藤義和さんと看護師の奥様!

※「https://safaiareiko.ti-da.net/e6573481.html」より引用

上記の通り、奥さんは看護師だったのです。

奥さんの名前や年齢については明らかにされていませんが、このブログでは「若く素敵な奥様」と表現されていることから、佐藤さん(72歳)よりも年下だと思われます。

スポンサーリンク