【病院+大学はどこ】病気の塚本明里がミスユニバースに!車椅子の偏見とは?

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、岐阜県を中心に活動するローカルタレントの塚本明里(あかり)さんを取り上げます。

ミス・ユニバースにもエントリーした経験のある彼女ですが、実は3つの難病を患っており、30分も立っていることができません。

そんな彼女の日常が「ザ!世界仰天ニュース」に取り上げられます。

今回は、3つの難病と闘病している塚本明里さんについて調べてみました。

病気と闘病中!塚本明里が通う病院はどこ?

2019年9月現在、塚本さんは以下の病気と闘っています。

3つの難病

(1)線維筋痛症

(2)筋痛性脳脊髄炎

(3)脳脊髄液減少症

現代の医学でも有効な治療法は確立されておらず、普段の彼女は寝た状態で1日を過ごしています。

また、立つこえさえままならないため、基本的な移動は車椅子を利用しています。

現在でこそ病名が判明していますが、当初は「原因不明」と診断されていました。

しかし、数多くの病院を渡り歩いた結果、16人目の医師によって具体的な病名を告げられたのです。

診断されたのは発症から1年半後、
16人目の医師により診断。

線維筋痛症も併発していることがわかった。

車で一時間かかる病院に2日に一回通って、
40箇所に麻酔を打って、
線維筋痛症に対処。

※「いつも空が見えるから」より引用
(2013年12月11日投稿)

一体、彼女の通う病院はどこなのでしょうか?

そこで、病院について調べたところ、以下のツイートが確認されたのです。

上記の通り、塚本さんは「岐阜大学病院」に検査入院後、「中京病院」で難病を告知されたようです。

ミスユニバースの結果は?

ミス・ユニバースに挑戦した塚本さんですが、どんな結果を迎えたのでしょうか?

そこで、彼女のTwitterを調べたところ、以下のツイートが確認されました。

https://twitter.com/tsukamoto_akari/status/958236699334602752

上記の通り、塚本さんはその発信力が認められて「WEB賞」を受賞していたのです。

このWEB賞は難病と闘っている彼女にしか勝ち取ることができない賞だったと言えます。

大学はどこ?

塚本さんは「岐阜県立 東濃実業高校」を卒業されており、現在では同校の非常勤講師も務めています。

しかし、彼女のFacebookには大学に関する記載はありませんでした。

実は、高校時代に難病が発病したために、合格していた大学に通えずにいたのです。

病気のために合格した大学にも通えず、
おしゃれも恋もしたい年頃を家と病院の往復で過ごしてきた。

※「いつも空が見えるから」より引用

車椅子への先入観(偏見)をブログで問う

普段の移動には車椅子を利用している塚本さんですが、彼女の車椅子は「リクライニング式」なのです。

その理由について彼女は自身のブログで次のように説明しています。

「脳脊髄液減少症」という病気で
脳脊髄液が大量に漏れていて
脳が沈むため、
頭を上げていると体調が悪くなり
ひどいと失神します。

そのため …

なるべく頭を上げずに、
いつでも横になれるよう

リクライニング式の車椅子を使用しています。

※公式ブログより引用
(2019年5月5日投稿)

彼女が車椅子を利用している経緯について説明した背景には、”ある偏見”が原因でした。

それは、「車椅子=脚が悪い」という先入観です。

皆さんは「車椅子」に乗ってる人が

“ どうして乗っているのか ”

考えたことはありますか???

車椅子に乗っている人

脚が不自由

… という意識があるのです。

もちろん、
脚が不自由で使われる方も多くみえます。

ですが、
それ以外の理由で使っている方もいるのです。

(2019年5月5日投稿)

スポンサードリンク

最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます!