【死因:気管支動脈瘤】声優,古田信幸が死去!結婚歴や家族(嫁,子供)は?Wiki経歴,作品,画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『古田信幸(ふるたのぶゆき)』さんを取り上げます。

皆さんは、彼の事をご存知でしょうか?

彼は、声優やリングアナウンサーとして活躍していました。

彼は様々な人気アニメの声優を務め、また洋画などの吹き替えなども担当し、その演技力の高さからファンや声優業界からも高い支持を得てました。

しかしそんな彼が、2017年8月29日に死去していた事が報じられ世間の注目を集めています。

また彼の死因は「気管支動脈瘤(きかんしどうみゅくりゅう)」という病気だと報じられています。

今回は彼の死因である気管支動脈瘤について調査しました。

スポンサーリンク



死因:気管支動脈瘤 声優,古田信幸が死去!

冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年8月29日に「気管支動脈瘤(きかんしどうみゃくりゅう)」のため死去していたと報じられ、世間の注目を集めています。

彼の訃報を報じたのは、『スポニチ』です。

2017年8月30日に配信された同紙は次のように報じています。

”格闘技「リングス」のリングアナや
海外ドラマ「HEROES」の吹き替えなどで知られる声優の古田信幸(ふるた・のぶゆき)さんが
29日午後8時10分、
気管支動脈りゅう破裂のため
川崎市宮前区の病院で死去した。

59歳。

神奈川県出身。

葬儀・告別式は9月3日午前11時から東京都中野区上高田1の2の9、
真宗大谷派高徳寺で。

喪主は妻倫子(みちこ)さん。

葬儀委員長は所属事務所ケンユウオフィスの堀内賢雄社長。”

同紙が掲載している通り、彼は気管支動脈瘤破裂のため59歳という若さで死去していた事を報じています。

また彼が患っていた気管支動脈瘤という病気はいったいどういったものなのでしょうか?

この病気について調査したところ以下の事が判明しました。

気管支動脈瘤とは、肺や周辺の呼吸器系組織を栄養する動脈に瘤(コブ)ができる事を指します。

原因は動脈硬化や炎症、感染によって発症されるとされています。

この事について、ウェブサイト『熊本大学大学院医学薬学研究所 心臓血管外科』は以下のように掲載しています。

”動脈瘤とは?

動脈は酸素を多く含んだ血液を、
脳や肝臓といった臓器、
筋肉や皮膚といった組織に送る役割をしています。

動脈瘤とはその動脈が風船のように膨らんでしまうことを言いますが、
大きい動脈から小さい動脈まで瘤ができる可能性があります。

(中略)

原因による分類

1.動脈硬化性・・・血管壁の動脈硬化によって大きくなっているもので、
原因として最も多い。

2.炎症性・・・自己免疫疾患などを背景に、
血管壁の炎症によって大きくなっている。

3.感染性・・・付着した細菌により血管壁が破壊されて大きくなっている。”

同サイトには気管支動脈瘤についての掲載はされていませんが、動脈瘤とは動脈硬化によって多く発症する病気だと掲載されています。

この事から、気管支動脈瘤とは気管支に瘤が出来る病気だとわかります。

彼はこの病気を患い、2017年8月29日に59歳という若さで死去しています。

スポンサーリンク



古田信幸の結婚歴や家族(嫁,子供)は?

今回の訃報を受けて、彼の私生活について多くの関心が集まっています。

上記で引用した『スポニチ』には妻は「倫子(みちこ)」さんと掲載している事から、彼は結婚していることは明白です。

しかし同紙には子供に関しての記述はされていません。

そこで、彼の子供について調査しましたが、子供についての詳細な情報はありませんでした。

彼の年齢(59歳)を考えれば、子供が居ても不思議ではありません。

しかしネット上では彼の子供に関する情報は公表されていないため、子供の有無は不明です。

彼の子供が公表され次第、随時記事を追記します。

追記

ユーザー様のコメントにより、彼には「カイ」さんという男児が居る事が判明しました。

スポンサーリンク



古田信幸のWiki経歴,作品は?

今回の訃報で死因や私生活に次いで多く関心が集まっているのは、彼の経歴や作品などです。

今回は彼の経歴や作品について調査しました。

彼は2003年から「ケンユウオフィス」に所属しており、数々のテレビアニメや洋画の吹き替えなどを担当していました。

以前は、声優,ナレーターの「堀内賢雄(ほりうちけんゆう)」さんと「オフィス央」という事務所に所属してました。

また堀内さんといえば、彼と同様に声優や洋画の吹き替えを務めており、ブラット・ピットやキアヌ・リーブス、ジョニー・デップの吹き替えを務めている事で知られています。

また現在では、彼が所属している「ケンユウオフィス」の代表取締役を務めるなどマルチに活動しています。

彼の声優としての実力は高いもので、1993年に放送されていた「幽☆遊☆白書」の左京役や2008年に放送されていた「ケロロ軍曹」の解説役などを務めていました。

また吹き替えも担当しており、「HEROES」や「キングコング(日本テレビ版)」、「コラテラル」のジェイソン・ステイサムさん等を務めていました。

この事について、彼のWikipediaは以下のように掲載しています。(一部改変)

”古田信幸(ふるた のぶゆき)は、
日本の男性声優。

2003年4月1日からケンユウオフィス所属。

神奈川県出身。

以前は堀内賢雄と共にオフィス央
(たてかべ和也が代表を務めていた事務所)に所属しており、
1984年にはオフィス央と合併したぷろだくしょんバオバブに共に移籍した。

1988年、
第2次UWFのリングアナウンサーに抜擢された縁で以降、
「リングス」、
「ZST」、
「HERO’S」、
「ビッグマウス・ラウド」の
(主に前田日明の絡みの興行)リングアナウンサーを歴任していた。

出演作品

テレビアニメ

1993年
幽☆遊☆白書(左京)

2008年
ケロロ軍曹(解説)

吹き替え
キングコング ※日本テレビ版

コラテラル(空港の男(ジェイソン・ステイサム))”

「【死因:気管支動脈瘤】声優,古田信幸が死去!結婚歴や家族(嫁,子供)は?Wiki経歴,作品,画像あり!」への1件のフィードバック

  1. 古田さんには、
    カイ君という長男が居ます。
    サッカー好きの素晴らしい青年
    です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)