【死因:病気】柳家小蝠が死去!結婚歴や家族(嫁,子供)は?学歴(中学,高校)やプロフィールあり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『柳家小蝠(やなぎやこふく)』さんを取り上げます。

本名「新井淳一(あらいじゅんいち)」。

皆さんは、彼の事をご存知でしょうか?

彼は、落語芸術協会所属の落語家5代目柳家小蝠として活動しており、その名前を広く知られています。

1994年に落語家としてのキャリアをスタートさせ、高座を中心に人気を博していました。

しかし、テレビ出演などの露出は少なく、お世辞にも世間の知名度は高いとは言えませんが、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは彼の訃報です。

彼は、2018年1月12日に病気のため、死去したと報じられ世間の注目を集めています。

そこで今回は、彼について調査してみました。

スポンサーリンク



柳家小蝠が死去!死因:病気

冒頭でも掲載しましたが、彼は2018年1月12日に病気のため、死去したと報じられ世間の注目を集めています。

また彼の死因の病気について調査したところ、肺炎を患っていたと判明しました。

この事について、2018年1月13日に配信された『朝日新聞DIGITAL』は次のように報じています。

“柳家小蝠さん(やなぎや・こふく=落語家、
本名新井淳一〈あらい・じゅんいち〉)が12日、
肺炎で死去、
42歳。

通夜は20日午後6時、
葬儀は21日午前10時から東京都荒川区町屋1の23の4の町屋斎場で。

喪主は妻久実子さん。

落語芸術協会に所属。

14年、
真打ちに昇進した。”

同紙が掲載している通り、彼は2018年1月12日に肺炎のため、死去していた事を報じています。

また彼が患っていた病気「肺炎」とは、いったいどういった病気なのでしょうか?

そこで肺炎について調査したところ、以下の事が判明しました。

肺炎とは、細菌やウイルスなど様々な原因で発症する病気であり、発熱や咳、息苦しさなどの風邪の症状とよく似ている病気とされています。

肺炎は、肺の中の肺胞と呼ばれる部位が炎症を起こし、炎症が起きると呼吸がうまく出来なくなり、酸素不足となり、呼吸困難に陥ります。

この事について、ウェブサイト『肺炎予防』には以下のように掲載されています。

“肺炎の主な症状は、
発熱、
咳、
たん、
息苦しさ、
胸の痛みなどで、
風邪とよく似ており、
症状から見分けるのは困難です。

しかし風邪は鼻や喉といった上気道や気管支の炎症であるのに対して、
肺炎は肺の中の肺胞という部位に炎症が起きます。

肺胞は、
酸素を取り込み、
二酸化炭素を吐き出す役割を果たしているので、
肺胞に炎症が起きると呼吸がうまくできなくなり、
酸素不足となり、
呼吸困難を引き起こします。”

同サイトの通り、上記に記した症状だと掲載されています。

彼は、この病気を患い、2018年1月12日に42歳という若さで死去してしまいました。

スポンサーリンク



柳家小蝠の結婚歴や家族(嫁,子供)は?

今回の訃報で世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では私生活についても関心が集まってます。

上記で記した「朝日新聞DEGITAL」には、喪主を務めるのは、妻「久実子」さんと掲載されている事から、彼が結婚している事は明白です。

しかし、同紙では妻や家族(子供)についての言及はされていません。

彼は私生活を公表しているのでしょうか?

そこで妻や子供について調査しましたが、彼の私生活は一切公表されておらず、詳細な情報は不明です。

彼の年齢(42歳)を考えれば、子供が居ても不思議ではありません。

しかし、私生活が公表されていないため、子供の有無は不明です。

スポンサーリンク



柳家小蝠の学歴(中学,高校)やプロフィールあり!

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では学歴についても感心が集まっています。

そこで彼の出身学校を調査したところ、Wikipediaには以下のように掲載されています。

“柳家小蝠(やなぎやこふく)

本名
新井淳一

生年月日
1975年11月16日

出身地
群馬県高崎市

群馬県高崎市矢中町出身の落語家。

落語芸術協会所属。

出囃子は『春雨のおくり』。

中学時代に落語に興味を持つ。

1994年5月
桐生第一高校卒業後7代目立川談志に入門し「志っ平」。

2001年 上納金未納で談志から破門され10代目桂文治門下に移籍し、
「前助」に改名。

2004年 文治没後、
兄弟子2代目柳家蝠丸預かり弟子になる。

2005年2月 二つ目昇進し師匠蝠丸の前名5代目「小蝠」襲名。

2014年5月 同名のまま真打昇進。”

上記に記したプロフィールには、彼は群馬県高崎市の出身であり、出身高校は「桐生第一高校」であると記載されています。

しかし、出身中学校についての記述はされていません。

そこで出身中学校について調査しましたが、落語芸術協会の公式サイトにも記載はされていませんでした。

ここからは憶測になりますが、彼の出身地の群馬県高崎市矢中町には、「高崎市立矢中中学校」があります。

彼は、矢中中学校を卒業後に桐生第一高校を経て、落語の世界に入門したのではないでしょうか?

しかし、出身中学校の公表はされていないため、このような事を断定する事は出来ません。

従って、彼の出身中学校は不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)