【搬送先の病院はどこ】武漢からチャーター機:NH1952が到着

時事

こんにちは。坊主です。

2020年1月29日、中国・武漢市からのチャーター便NH1952)が日本に到着しました。

搭乗前の検査では新型肺炎を発症した邦人はいなかったものの、ここに来て発熱や咳を訴える人間が複数人確認されたとのこと。

もし、症状を訴えている人間が新型肺炎に感染していたとすれば、日本国内でもコロナウイルスが蔓延する危険性があります。

武漢からの帰国便:チャーター機(NH1952)で感染疑い

武漢かの帰国便(NH1952)について「産経新聞」は次のように報じています。

厚生労働省によると、
新型コロナウイルスによる肺炎が発生・蔓延する中国湖北省から羽田空港に
29日午前に到着したチャーター機で帰国した邦人のうち
複数人に発熱やせきの症状があるとの情報があるという。

厚労省が確認を急ぐとともに、
感染症指定医療機関に搬送する方向で調整している。

(2020年1月29日配信)

上記の通り、武漢から帰国した邦人は「感染症指定医療機関」に搬送され、医師の診断を受けるようです。

一体、どこの病院に搬送されるのでしょうか?

世間の反応

なぜ隔離しないの?

他国は帰国者を
14日、収容施設で隔離するところもあるのに。

日本ちょっとおかしい。

オリンピック開催国なのにその自覚もない。

もっと危機感持つべき。

まずは無事帰国できて何よりです。

こういう時こそ税金を使って帰国者の身や国民の身を守るべきだと思います。

本気で感染拡大を防ぐという意志を見せて欲しいです。

もし、身近に帰ってきた人がいたとしたら、
避けてしまうかも知れない・・・。

だって、
分からないし見えないもの。

帰ってきた人たちが

「ほら、私達は安全だ」

と胸を張っていえるように、
2週間の隔離は必要だと思う。

彼らが言われない中傷うけないためにも。

搬送先の病院はどこの感染症指定医療機関?

感染の疑いがある人間は「感染症指定医療機関」に搬送されます。

指定感染症には「一類」から「五類」まで存在しており、新型肺炎の原因であるコロナウイルスは「二類」となります。

例えば、
今もコンゴ民主共和国で流行しているエボラ出血熱は1類感染症、
新型コロナウイルスと同じコロナウイルスであるSARSやMERSは2類感染症に定められています。

※「Yahoo!ニュース」より引用
(2020年1月27日配信)

そこで、東京都内で受け入れ体制が整っている病院を調べたところ、以下の33の病院が判明したのです。

※「厚生労働省」より引用

恐らく、上記いずれかの病院に搬送されると思われます。

ちなみに、Yahoo!コメント欄では搬送先の病院について以下の情報が確認されました。

4名はどうやら都立荏原病院へ搬送。

症状のない方の検診は新宿区ということだから
女子医大あたりか。

帰国した邦人の隔離は?

新型肺炎は2週間1ヵ月程度の潜伏期間を経て発症します。

そのため、現在の時点で症状が無いからといって、「感染していない」と断定できないのです。

最大限に安全を図るのであれば、感染が疑われる人間は最大1ヵ月は隔離する必要があります。

しかし、今回の帰国者について政府は「隔離しない」という方針を掲げているのです。

厚生労働省は

「人権侵害に当たり、法的にも権限がない」

として、
退避した日本人の強制的な隔離をせず
自主的な医療施設の検診を呼びかける方針だ。

※「日経ビジネス」より引用
(2020年1月28日配信)

「人権侵害」を理由に隔離措置を実施しないことを明言した政府ですが、判断を見誤れば、日本国内でも新型肺炎が爆発的に蔓延するでしょう。

スポンサーリンク