【女性問題写真あり】佐田玄一郎が参院選不出馬!結婚歴や家族(息子)の現在は?スキャンダルの過去!

こんにちは坊主です!!

今回は、『佐田玄一郎(さたげんいちろう)』氏を取り上げます。

玄一郎氏といえば、自由民主党所属の衆議院議員としてその名前を広く知られています。

玄一郎氏は1990年に群馬1区から初当選を果たすと、自民党の衆議院議員として9期務めた大ベテランとしても知られ、また安倍内閣で内閣府特命担当大臣を務めた他、第1次小泉内閣で総務副大臣等を歴任するなど華麗なる経歴を持ちます。

そんな経歴を持つ玄一郎氏ですが、ここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは2017年10月10日から行われる衆院選への不出馬です。

玄一郎氏は、2017年10月9日に群馬県前橋市で会見を行い、衆院選への出馬を見送ることを明らかにし、世間の注目を集めています。

なぜ、玄一郎氏は衆院選を見送ったのでしょうか?

そこで今回は、玄一郎氏について調査してみました。

スポンサーリンク



佐田玄一郎が参院選不出馬!

冒頭でも掲載しましたが、玄一郎氏は2017年10月10日から行われる衆院選への出馬を見送る事が報じられ世間の注目を集めています。

そこで、今回の衆院選の不出馬の理由を調査したところ、2017年10月9日に配信された『産経新聞』は次のように報じています。

”群馬1区の自民前職、
佐田玄一郎氏が9日夕、
前橋市内で会見し、
10日公示の衆院選への出馬を見送ることを明らかにした。

「厳しい選挙戦で、
保守が分裂していては相手を利することになる」

と語り、
今回は断念したという。

政界引退は否定し、

「次のチャンスを探りたい」

と説明した。

1区の自民は比例北関東の前職、
尾身朝子氏の公認が決まっており、
佐田氏は比例での出馬を模索していた。

「党幹部と会うなど、
最後の最後まで調整してきた」

と述べたが、
比例公認の報告も受けておらず

「ぎりぎりの苦渋の決断」

で出馬を断念した。

佐田氏は会見に先立ち同日午後3時から後援会役員会を開催、
出馬断念の意向を報告。

無所属での出馬を求める声もあったという。

「その選択肢もあったが、
保守が分裂してはいけない」

と最終判断を下した。”

同紙が掲載している通り、玄一郎氏は保守分裂を理由に2017年10月10日から行われる衆院選への出馬を見送ったと報じられています。

またこの報道を受けて、源一郎氏の私生活について感心が集まっています。

玄一郎氏は私生活を公表しているのでしょうか?

そこで、今回は玄一郎氏の結婚歴や家族について調査してみました。

スポンサーリンク



佐田玄一郎の結婚歴や家族(息子)の現在は?

上記でも掲載していますが、今回の報道で玄一郎氏の私生活について感心が集まっています。

そこで、私生活を調査したところ、ウェブサイト『近現代・系図ワールド』には以下のように掲載されています。

同サイトの通り、玄一郎氏には妻「美奈子(みなこ)」さんと結婚しており、二男の父親である事を掲載しています。

この情報を元に、妻と子供達の素性を調査しましたが、一般の方ということもあり、名前や顔などの素性は公表されておらず、詳細な情報は得られませんでした。

しかし、一部ネット上では、玄一郎氏が取締役を務めている「佐田建設」の社員であると噂されています。

その噂を元に調査しましたが、ウェブサイト『佐田建設株式会社』の会社概要には掲載されておらず、噂の真相は不明です。

スポンサーリンク



佐田玄一郎にスキャンダルの過去!女性問題写真あり

今回の不出馬報道で注目を集めている玄一郎氏ですが、調査に伴い、玄一郎氏には過去に女性問題を起こしていた事が判明しました。

このキャンダルとはいったいどういったものなのでしょうか?

この事について調査したところ以下の事が判明しました。

玄一郎氏は、2012年に安倍内閣で自民党財務委員長に就任し、同年12月に行われた衆院総選挙で当選(8選)を果たしています。

また当選後には衆議院議院運営委員長に就任する等、輝かしい功績を収めていました。

しかし、翌年2013年に週間新潮で、タレントの「壇蜜(だんみつ)」さん似の女子大生と援○交際していた事を報じられ、上記に記した役職を引責辞任をしています。

また交際相手の女性は、飲食店店員であり、その女性とラ○ホテルから出てくる写真が掲載され、当時は話題を呼びました。

この事について、玄一郎氏のWikipediaには次のように掲載されています。

”2012年10月、
安倍晋三総裁の下で自民党財務委員長に就任。

同年12月の第46回衆議院議員総選挙では
群馬1区から出馬し8選。

当選後、
衆議院議院運営委員長に就任。

2013年6月、
週刊新潮に女性問題を報じられたため引責辞任。

同誌の報道記事は

「『佐田玄一郎』常習的買○の現場報告」

と題するもので、
壇蜜を彷彿とさせる20歳の女子大生と1回4万円で
援○交際していたとの内容であり、
佐田が背広姿で湯島のラ○ホテルから出てくる
写真も掲載されていた。”


※一部改変

同サイトの通り、2013年6月に発売された週刊新潮により、玄一郎氏の女性問題が発覚しました。

またそのスキャンダル時の写真はこちら。

※一部改変

このスキャンダルにより、玄一郎氏は引責引退をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)