【希望の党から出馬】鳩山太郎と結婚した嫁の馴れ初めや子供は?Wikiプロフィール学歴,画像あり!

こんちには坊主です!!

今回は、『鳩山太郎(はとやまたろう)』氏を取り上げます。

彼といえば、父親に故・鳩山邦夫(はとやまくにお)元総務相の長男であり、元東京都議を務めていた事で知られています。

また太郎氏は、タレントとしても活動しており、様々なバラエティ番組に出演するなどマルチに活動しています。

そんな太郎氏がここに来て、注目を集める出来事が報じられました。

それは、2017年10月20日から行われる衆院選への出馬です。

太郎氏は、父の邦夫氏の古巣である自民党からではなく、現・東京都知事である「小池百合子(こいけゆりこ)」氏が率いる希望の党からの出馬を表明し注目を集めています。

そこで今回は、そんな太郎氏について調査してみました。

スポンサーリンク



鳩山太郎が希望の党から出馬

冒頭でも掲載しましたが、太郎氏は2017年10月10日から行われる衆院選に希望の党からの出馬を表明し世間の注目を集めてます。

またなぜ、太郎氏は父・邦夫氏の古巣の自民党からではなく、希望の党からの出馬を表明したのでしょうか?

この事について、2017年10月9日に配信された『スポーツ報知』は次のように報じてます。

”衆院選(10日告示、
22日投開票)で、
小池百合子都知事(65)率いる希望の党の公認候補として、
東京2区(中央・文京・台東区など)から
出馬予定の故・鳩山邦夫元総務相の長男で、
元東京都議の鳩山太郎氏(43)が9日までに
スポーツ報知の取材に応じた。

(中略)

自民党からの出馬する考えは全くなかったという。

「自民党の果たしてきた役割は非常に大きいと思うんですが、
非常に長く続いた政党。

いろんな業界とかなんだとか、
しがらみができて、
自由が動きがとれなくなって来てしまっていると思うんですよ。

そういったことのないまっさらな政党のほうが
ダイナミックな改革を実現できるんじゃないかと思いまして」”

同紙が掲載している通り、太郎氏は希望の党からの出馬を表明している事を報じてます。

また希望の党からの出馬理由については、改革を実現できる党である事からだと明らかしています。

今回の出馬報道を受けて、ネット上では太郎氏の私生活につても感心が集まっています。

太郎氏は私生活を公表しているんでしょうか?

そこで今回は、太郎氏の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



鳩山太郎と結婚した嫁の馴れ初めや子供は?

上記でも掲載していますが、今回の出馬報道を受けて太郎氏の私生活について感心が集まっています。

そこで、私生活を調査したところ、太郎氏は2014年に広末涼子さん似の一般女性と結婚していた事が判明しました。

また馴れ初めや妻の素性を調査しましたが、一般の方という事もあり非公表となっていました。

しかし、妻の素性調査に伴い、太郎氏と結婚した妻のD○疑惑が浮上し、離婚を表明をしていた事が判明しました。

彼は自身のツイッターで、妻からのD○を受けていると投稿し、ツイッターユーザーの間で一時騒然となりました。

この事について、2014年10月1日に配信された『週刊新潮』は次のように報じています。

”鳩山邦夫元総務大臣(66)を父親に持ち、
実業家兼タレントの肩書きで活動し、
広末涼子似の女性と結婚した鳩山太郎サン(40)である。

太郎サンは8月13日に、
3年間付き合った5歳年下の女性と結婚したばかり。

犬も食わぬ夫婦喧嘩にしては、
新妻を“獅子身中の虫”とは言い過ぎではないか。

最初の投稿から4分後には、

〈○る、○る、物投げつけられる、
○声浴びせかけらる、
気○い、
○ねと言われる。

これって、
D○じゃないの?

助けて〉

と、
SOSを呼びかける始末。

その後、
彼は重大な決意を告白した。

〈結婚失敗したな。

別れよう〉

さらに離婚表明。

(中略)

太郎サンのこのつぶやきは、
既に削除されている。

そこで、ツイッターでの発言理由について
公人である邦夫代議士に話を聞くと、
秘書を通じてこう答えた。

「(ツイッターでの発言は)○に弱いから酔っ払ってのことでしょう。

普段の性格は普通の子だと思いますが。

今は、
芸能事務所も辞めていますし、
政治活動の予定もありません」

彼のつぶやきは平日の昼過ぎ。

働きもせず、
本当に○に酔っていたのだとしたら、
それは億万長者である父親のおかげではないのか。

「時々、
太郎君は切れることがあるのです」

こう語るのは、
鳩山家に出入りする永田町関係者だ。

「彼は、
自分の考えを他人に伝えることが
決して上手とは言えません。

自分の考えが相手に伝わらないことが重なると、
イライラしている。

選挙に出ても落選続きで、
最近はタレントとしてもお呼びがかからなくなった。

その上、
会社社長も交代させられてしまったのです。

そうしたことが積み重なったところに、
奥さんと喧嘩して、
あの“つぶやき”につながったのでしょう」”

同紙が掲載している通り、太郎氏は自身のツイッターで妻のD○や離婚を表明していた事を報じています。

しかし、この発言理由は太郎氏が酔っての発言である事が判明しており、2017年10月9日現時点で離婚したという報道はないため、現在でも夫婦生活は続いています。

また2人の子供について調査したところ、子供が誕生したという報道はないため、2人の間には子供は居ないと思われます。

スポンサーリンク



鳩山太郎のWikiプロフィール学歴あり

今回の出馬表明で世間の注目を集めている太郎氏ですが、やはり多くの方がプロフィールや学歴などに関心が集まっています。

しかし、太郎氏のWikipediaに制作されておらず、詳細な情報は不明です。

そこで、太郎氏のプロフィールや学歴を調査したところ、ウェブサイト『希望の党』には以下のように掲載されています。

”昭和49(1974)年6月生まれ

早稲田大学政治経済学部卒

(財)日本友愛青年協会 参与

元総務大臣秘書官

元東京都議会議員”

同サイトの通り、太郎氏は早稲田大学政治経済学部を卒業し、総務大臣秘書や都議会議員を歴任していた事を掲載しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)