【不出馬確定】小池百合子都知事の結婚歴や家族(夫,子供)は?評判や若い頃の画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『小池百合子(こいけゆりこ)』さんを取り上げます。

彼女といえば、2017年現在、第20代東京都知事としてその名前を広く知られています。

また2017年9月25日に都民ファーストの会が国政進出する形で結成された「希望の党」の代表としても有名です。

彼女は、政界に進出する以前は、フリーのキャスターとしてテレビ東京系で放送されている「ワールドビジネスサテライト」の初代メインキャスターを務めるなど、女性キャスターとして活躍していました。

そんな経歴を持つ彼女が、2017年10月10日から行われている衆院選への不出馬が確定した事が報じられ世間の注目を集めています。

今回は、彼女について調査してみました。

スポンサーリンク



小池百合子都知事の不出馬確定

冒頭でも掲載しましたが、2017年10月10日から行われている衆院選への不出馬が確定した事が報じられ世間の注目を集めています。

彼女はこれまで、今回の衆院選への出馬を否定していましたが、世間や報道ではサプライズ出馬を噂されていました。

しかし、彼女は衆院選の候補者届けを行わず、不出馬が確定しました。

この事について、2017年10月10日に配信された『産経新聞』は次のように報じています。

”第48回衆院選の候補者の届け出は
10日午後5時で締め切られ、
希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は
届け出なかったため不出馬が確定した。

小池氏はこれまで
「百パーセント出馬しない」などと否定してきたが、
“サプライズ”出馬の見方が根強くあった。

不出馬により希望の党は
選挙結果を見て首相候補を判断する考えだ。”

同紙が掲載している通り、彼女の衆院選不出馬が確定した事を報じています。

また今回の報道を受けて、彼女の私生活について感心が集まっています。

彼女は私生活を公表しているのでしょうか?

そこで、今回は彼女の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



小池百合子都知事の結婚歴や家族(夫,子供)は?

上記でも掲載してますが、今回の不出馬を受けて、彼女の私生活について関心が集まっています。

そこで、彼女の私生活を調査したところ、彼女には離婚歴がある事が判明しました。

また一部ネット上では、結婚していた夫は「韓国人」や「中国人」という噂が囁かれています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂を元に調査したところ以下の事が判明しました。

彼女は、エジプトのカイロ大学留学していた21歳の頃に、同じ日本人留学生の一般男性と結婚しており、その後離婚をしています。

この事について、彼女のWikipediaには以下のように掲載されています。

”エジプトカイロ大学に留学していた21歳の頃、
日本人留学生の一般人男性と結婚し、
離婚している。”

同サイトの通り、彼女には離婚歴がある事が判明し、またネット上で噂されている元夫は「韓国人」や「中国人」という噂は誤りである事が判明しました。

しかし、同サイトには離婚した元夫の素性について言及はされていません。

そこで、元夫の素性を調査しましたが、一般男性という事もあり、名前や顔などの素性は明らかになっていませんでした。

また、元夫との間に子供は居るのでしょうか?

子供の有無について調査したところ、2016年7月31日の『YAHOO!知恵袋』には以下のように掲載されています。

”質問者

小池百合子さん夫やお子さんはいますか?

調べたけどよくわかりませんでした。

回答者

既婚歴はあるような感じですが、
現在は独身で、
子供さんはいらっしゃらないようです。

いとこ家族四人(子供は幼児二人)と
家政婦さんとで一軒家に住んでいらっしゃるようです。”

同サイトの通り、2016年当時は独身であり子供は居ないと掲載されています。

その事から、2017年現在でも子供は居ないと思われます。

スポンサーリンク



小池百合子都知事の評判や若い頃の画像あり!

今回の不出馬報道を受けて、注目を集めている彼女ですが、やはり多くの方が東京都知事としての評判について感心が集まっています。

彼女は、2016年に行われた東京都知事選に無所属で出馬し、女性として初めてとなる東京都知事に当選を果たしています。

当選後は様々な政策を行い、築地市場移転問題(豊洲市場移転問題)などを取り組んでいます。

そこで、彼女の都知事としての評判を調査したところ、2017年10月4日に配信された『niftyニュース』は次のように報じています。

”長年都政の移り変わりを報じてきた
東京の自治体専門紙である『都政新報』が、
小池都政の1年間を総括した。

『小池知事の1年・職員が採点』というタイトルで
都の職員にアンケート調査を行い、
結果を公表している。

まず《「落第点」「合格点は与えられない」が全体の57.1%》と、
都民の支持とは裏腹に都職員からは評価されていない。

その理由は、
《特別顧問の意見を重視する政治スタイルや
政局重視の姿勢などが低評価につながっている》など、
都民ファーストの会代表だった
野田数氏ら側近だけの意見を聞く姿勢が低評価を招いている。

さらに
《本紙が前職の舛添都政1期目前半の評価を聞いた職員アンケートでは、
スピード感を評価する声などから平均点は63.6点となり、
40点以下は7にとどまった。

また同じく石原都政の職員アンケートでは、
1期目の平均点が71.1点と高く、
ディーゼル車の排ガス規制など実績が評価につながっていた》とあり、

前知事の舛添要一氏や石原慎太郎氏と比べてもかなり低い。”

同紙が掲載している通り、東京都の職員のアンケート調査結果では、低評価となっています。

しかしこの結果は、都の職員のアンケート結果であり、都民のアンケート調査ではありません。

世論調査では、高支持率を保っており、TwitterやFacebookなどのSNSには彼女を支持する声が多数上がっています。

都知事としての彼女の評価は記した通りですが、ネット上では彼女の若い頃について感心が集まっています。

冒頭でも掲載していますが、彼女はキャスターとして様々なニュース番組を務めていました。

そこで、彼女のキャスター時代の画像を調査したところ、1つの画像を発見しました。

その画像はこちら。

画像を見ると、今現在の彼女と変わらず、知的な雰囲気である事がわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)