【死因:肝血管肉腫】プロゴルファー宮本省三が死去!結婚歴や家族(嫁,子供)は?Wikiプロフィールや成績,画像あり!

こんにちは坊主です!!

今回は、『宮本省三(みやもとしょうぞう)』さんを取り上げます。

皆さんは彼の事をご存知でしょうか?

彼は、日本のプロゴルファーとして活躍し、1966年に開催された関西オープンを初め、1967年に開催された全日本プロ選手権を制するなどの功績を収めていました。

そんな華々しい功績を収めていた彼が、2017年9月4日に死去していた事が判明し世間の注目を集めています。

また彼の死因は肝血管肉腫と公表され、この病気についても関心が集まってます。

この病気はいったいどういう病気なのでしょうか?

今回は彼の死因について調査してみました。

スポンサーリンク



プロゴルファー宮本省三が死去!死因:肝血管肉腫

冒頭でも掲載しましたが、彼は肝血管肉腫のため2017年9月4日に死去していた事が判明し世間の注目を集めています。

この訃報を報じたのは『毎日新聞』です。

2017年9月5日に配信された同紙は次のように報じています。

”宮本省三さん77歳4日、
肝血管肉腫のため死去。

葬儀は6日午前11時半、
大阪府吹田市桃山台5の3の10の公益社千里会館。

喪主は妻アサ子(あさこ)さん。”

同紙が掲載している通り、彼は肝血管肉腫のため2017年9月4日に死去していた事を報じています。

また彼の死因でもある肝血管肉腫とはいったいどういった病気なのでしょうか?

この病気について調査したところ、以下の事が判明しました。

肝血管肉腫とは、血管の形を作っている血管内皮細胞に生じる肉腫で、血管やリンパ管に発生する病気です。

比較的まれな疾患であり、その発生率は”1%”と低い事で知られています。

しかし転移や再発が起こりやすく、治療が難しい病気だとされています。

また原因としては未だ解明されていませんが、一説で遺伝子に異常が生じて発症する病気だと考えられています。

この事について、ウェブサイト『Doctors me』は以下のように掲載されています。

”血管肉腫は、
血管内皮細胞に生じる肉腫で、
血管やリンパ管に発生します。

血液やリンパ液を通じて、
肝臓等の他の臓器へと転移しているケースが多く散見されます。

再発する可能性も高く、
治療は難しい病気です。

血管肉腫の原因

肉腫はがんの一種であり、
遺伝子に異常が生じて、
異常な細胞増殖が発生する病気です。

そのため、
血管肉腫も同様に遺伝子に
異常が生じていると考えられています。

しかし、
なぜ遺伝子に異常が生じるかは
いまだ不明確な状態です。”

同サイトの通り、上記のような病気である事が判明しました。

彼はこの病気を肝臓で生じ、2017年9月4日に77歳で死去してしまいました。

スポンサーリンク



プロゴルファー宮本省三の結婚歴や家族(嫁,子供)は?

今回の訃報が報じられた事で、彼の私生活について感心が集まっています。

上記で引用した毎日新聞では、喪主を務めるのは妻「アサ子」さんと掲載されている事から彼は結婚している事は明白です。

しかし子供についての記述はされていません。

そこで、彼の子供について調査しましたが、ネット上では彼の子供に関しての情報は得られませんでした。

また彼の年齢(77歳)を考えれば、子供が居ても不思議ではありません。

しかし、子供についての情報が一切公表されていないため、子供の有無は不明です。

スポンサーリンク



プロゴルファー宮本省三のWikiプロフィールや成績は?

冒頭でも掲載していますが、彼は日本のプロゴルファーとして活躍していました。

1966年に行われた関西オープンを制し、翌年1967年に全日本プロ選手権を制しています。

またシニアツアーでも勝利を収め、2勝を挙げています。

ちなみに彼の生涯獲得賞金は”6480万円”となっています。

彼のWikipediaは制作されていないため、詳細なプロフィールについては不明ですが、ウェブサイト『ジャパンゴルフツアー』には以下のように掲載されています。

”生涯獲得賞金
¥64,885,723

ツアー勝利数
2※アマチュア時の勝利数を含む

優勝履歴

1983/08/04-08/07
デサントカップ北国オープン

スコア
283(-5)69-72-69-73

1974/05/30-06/02
スポーツ振興インターナショナル

スコア
289(+1)71-73-72-73”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)