【新型肺炎】国内2人目の入院先の病院はどこ?

時事

こんにちは。坊主です。

2020年1月24日、「コロナウイルス」による新型肺炎の問題で国内2人目の感染者が公表され世間の注目を集めています。

一体、2人目の感染者は誰なのでしょうか?

また、どこの病院に入院しているのでしょうか?

コロナウイルスによる新型肺炎で国内2人目が発覚

国内2人目の感染者について「TBS NEWS」は次のように報じています。

厚生労働省は中国の武漢市で相次いでいる新型のコロナウイルスによる肺炎について、
日本国内で2人目の患者が確認されたと発表しました。

この患者は中国・武漢市在住の40代の男性旅行者で、
今月14日から発熱があり、今月19日に来日

20日に医療機関を受診したものの経過観察となり、
その後、22日になっても発熱・咽頭痛が続くため、
再度医療機関を受診して肺炎が認められたということです。

現在、
別の東京都内の医療機関に転院して入院しているということです。

厚労省によると、
この男性は武漢市の海鮮市場には立ち寄っていないと話しているということです。

また、
中国で肺炎患者との明確な接触も確認できていないということです。

(2020年1月24日配信)

上記の通り、国内2人目の感染者は40代の中国人でした。

この男性は、新型肺炎の発生源である武漢市の出身で2020年1月19日に来日していたようです。

しかし、現在の時点では、この男性が国内のどこを立ち寄ったのかまでは判明していないとのこと。

もし、この男性が”スーパー・スプレッダー”だった場合、病原菌を大量にまき散らしている可能性があります。

スーパー・スプレッダーとは?

感染性の病気において、
二次的に感染源となる人間のうち、
その感染力(影響力)が強い人間のこと。

もし、この人物がスーパー・スプレッダーだった場合、国内でも新型肺炎の感染者が続出することも懸念されます。

SARSにおけるスーパー・スプレッダー

【現在+画像】SARSの毒王:周作芬とは?日本の致死率も

世間の反応

日本の医療機関でも容易には確認できないのですから、
大陸では確認されていない患者が相当数いるはずです。

おそらく公表数の数倍~10倍以上でしょう。

こうした方々がこの春節で世界各国を訪れるのですから、
拡散されることを防ぐのはもはや不可能でしょう。

チャイナのシージンピン(肥だめ)が当初隠蔽しようとして対応が遅れたせいで、
すでにパンデミック寸前です。

これははっきり言って人災です。

ある種のこれはテロですね。

本当に迷惑です。

どの空港に到着して、
どのホテルに宿泊し、
どの病院を受診して、
経過観察中にどこに立ち寄ったのか明らかにしてくれ。

入院先の病院はどこ?

現在、国内2人目の感染者は東京の病院に入院しているようです。

新型肺炎は人から人への感染が確認されているため、隔離措置が実施できる病院でなければ対応できません。

一体、この患者はどこの病院に入院しているのでしょうか?

そこで、入院先の病院について調べてみたものの、具体的な病院名は挙げられていませんでした。

恐らく、病院名を公表することで引き起こされるパニックなどを危惧しているのでしょう。

都立駒込病院では新型肺炎の受け入れ訓練を開始

国内2人目の感染者がどこの病院に入院しているのかは不明です。

ただ、コロナウイルスによる新型肺炎は人にも感染するため、受け入れ体制が整っている病院でなければ対応できません。

実は、都立駒込病院は新型肺炎の受け入れ訓練を実施していたのです。

東京・文京区の都立駒込病院で新型インフルエンザに感染した患者の受け入れ訓練が行われました。

23日に行われた訓練は新型コロナウイルスの感染者にも対応できるもので、
患者は病原体が病室の外に出ないように
空気の流れが調整された特別な個室に運ばれます。

医師は防護服を着用し、
個室内ですべての治療を行うということです。

都立駒込病院の感染症センター長は、
新型コロナウイルスについても

「迅速に対応できるよう準備を進めている」

と話しています。

※「テレ朝news」より引用
(2020年1月23日配信)

これは推測ですが、国内2人目の感染者が都立駒込病院に入院している可能性はゼロではないでしょう。

国内3人目の感染者が発覚

2020年1月25日、国内で3人目となる感染者が発覚しました。

報道によると、新たな感染者は武漢市から来日していた30代の中国人女性とのこと。

厚生労働省は25日、
新たに国内で、
中国・武漢市から旅行に来ていた30歳代の女性の感染が確認されたと発表した。

国内で確認されるのは3例目

※「読売新聞」より引用
(2020年1月25日配信)

しかし、この女性がどのようなルートで来日し、国内のどこに立ち寄ったのかまでは明らかにされていません。

スポンサーリンク