【両親の帰化理由】張本智和のチョレイの意味!妹,美和も卓球選手!小学校や中学校はどこ?

こんにちは坊主です!!

今回は、『張本智和(はりもとともかず)』さんを取り上げます。

彼といえば、宮城県仙台市出身で、2018年1月現在、JOCエリートアカデミーに所属する卓球選手としてその名前を広く知られています。

彼は、幼少期の頃から卓球を始め、そのキャリアをスタートさせます。

2010年に小学校一年生に開催された全国卓球選手権大会で優勝を果たすと、バンビ・カブ・ホープスの部で無敗の6連覇を達成し、卓球選手としての頭角を現します。

その後、2016年にJOCエリートアカデミーに入校して以降、数々の世界大会で優勝や記録を打ちたて、その地位を不動のものとなります。

そして、2020年に開催予定である東京オリンピックの卓球日本代表選手に最も近い人物であり、その活躍が期待されています。

そんな輝かしい功績を収めている彼が、ここに来て再び注目を集めています。

それは、2018年1月21日に開催された卓球全日本選手権最終日で史上初の最年少14歳で日本一を果たした事が報じられ、世間の注目を集めています。

この事について、2018年1月21日に配信された『スポニチ』は次のように報じています。

“張本智和(14=エリートアカデミー)が
男子シングルス決勝で水谷隼(28=木下グループ)を
4-2で撃破。

男女通じて史上最年少14歳208日での日本一を果たした。

–史上最年少での日本一を達成した気持ちは

「いままで卓球をやってきた中で最高の瞬間です」

–憧れの水谷を破っての優勝になった。

「相手の方が経験値は上ですが
“もっともっと”と思い切って攻めることができた結果が
勝ちに繋がったと思います」”

同誌が掲載している通り、彼は史上最年少14歳という若さで、日本一に輝きました。

また今回の吉報で、彼の両親についても感心が集まっています。

彼の両親は、中国国籍から日本国籍に帰化していると噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこで今回は、帰化理由について調査してみました。

スポンサーリンク



張本智和の両親の帰化理由

今回の吉報で世間の注目を集めてる彼ですが、ネット上では彼の両親についても感心が集まっています。

そこで彼の両親を調査したところ、彼の両親は中国でも著名な元卓球選手であった事が判明しました。

彼の父親は、2018年現在、男子ジュニア日本代表コーチの「張本宇(はりもとゆう)」氏であり、母親は、1995年に行われた世界卓球選手権の元中国代表選手の「張凌(ザンリン)」さんである事が判明しました。

その両親との間に、彼と5歳年下の妹「美和」さんが誕生し、2018年現在では、仙台市内で「張本卓球場」を経営しています。

そんな両親と彼は、日本国籍に帰化していると噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの噂を調査したところ、彼と父「宇」氏と妹「美和」さんは、2014年春に日本国籍に帰化しています。

また父と彼、妹が日本に帰化した理由を調査したところ、2017年8月21日に配信された『YAHOO!ニュース』は次のように報じてます。

“張本は、
2014年に10歳で、
父や妹とともに日本に帰化した。

日本代表として五輪など世界舞台で戦うためだ。

それまでは中国名の張(ザン)を名乗った。”

同誌が掲載している通り、父や彼、妹が帰化した理由は、卓球日本代表選手として共に世界の舞台で戦うためであると報じられています。

しかし、母「凌」さんの国籍についての言及はされていません。

一部ネット上では、母「凌」さんは、2018年現在でも中国国籍のままであると噂されてます。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこで「凌」さんの国籍について調査しましたが、ネット上では詳細な情報は公表されておらず、国籍は不明です。

スポンサーリンク



張本智和の妹,美和も卓球選手!小学校や中学校はどこ?

上記で記した通り、彼は2014年に日本に帰化し、日本人として数々の世界大会で優勝を果たしていますが、彼の妹「美和(みわ)」さんも卓球選手である事が判明しています。

妹の美和さんも彼と同様に幼少期から卓球を始め、両親からの英才教育を受け、そのキャリアをスタートさせています。

また美和さんは、2017年7月29日にTBS系で放送された『炎の体育会TV』に出演し、その可愛らしい姿から、第2の『福原愛』さんと称されています。

そんな美和さんですが、ネット上では、美和さんが通う小学校について感心が集まっています。

そこで美和さんの小学校について調査しましたが、ネット上では詳細な情報は公表されていません。

ここからは憶測になりますが、美和さんの兄「智和」さんは、宮城県仙台市立東宮城野小学校を卒業しています。

その後、智和さんは、東京都北区稲付中学校に進学し、2018年現在、在学中です。

この事について、智和さんのWikipediaには以下のように掲載されています。

“2005年(平成17年)、
2歳でラケットを握った。

仙台市立東宮城野小学校卒業、
東京都北区立稲付中学校在学。

5歳下の妹・張本美和も卓球選手。”

上記に記した事から、美和さんも智和さんと同様の小学校に進学している可能性はあります。

しかし、美和さんのWikipediaの制作はされておらず、詳細な情報はされていないため、このような事を断定する事は出来ません。

スポンサーリンク



張本智和のチョレイの意味!

今回の吉報で世間の注目を集めてる彼ですが、ネット上では彼の叫び声「チョレイ」の意味について感心が集まっています。

彼は、数々の試で得点が入る度に「チョレイ」という雄叫びを上げています。

他の卓球選手は、「サー」や「ヨー」などシンプルな掛け声が多く、ネット上では彼の「チョレイ」という掛け声は、対戦相手を馬鹿にしていると噂されています。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこでこの掛け声について調査したところ、以下の事が判明しました。

この「チョレイ」は、静岡県の方言で、「のろま」や「弱々しい」という意味があるとされています。

その意味合いで、彼は試合中に対戦相手を挑発していると噂になり、このような噂が囁かれています。

しかし、この「チョレイ」という意味に特別な意味はなく、ただの掛け声であると母の「凌」さんは明らかにしています。

この事について、2017年8月29日に配信された『J-CASTニュース』は次のように報じています。

“J-CASTニュース編集部では、
静岡県の複数の市に「チョレイ」について聞くと、
「のろま」「弱々しい」といった意味の方言で、
あまり良い言葉ではないという。

伊豆半島のある自治体では、

「辞書にも載っている、
『ちょろい』から派生した言葉にも聞こえます」と補足し、
「静岡県民が聞くとたしかに
マイナスイメージを持ってしまう方もいらっしゃるかもしれません」

とも話した。

張本の「チョレイ」にはどんな意図が込められているのか。

母親の張凌さんは、
6月5日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で、

「日本語でも、
中国語でもないただの掛け声」

「何かのきっかけで進化して別の言葉になるかもしれない」

と説明している。”

同誌が掲載している通り、彼の掛け声は対戦相手を馬鹿にしている事ではなく、ただの掛け声であると明らかにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)