【怪我で岡山引退?】加地亮と結婚した嫁の馴れ初め,子供の名前や現在!成績や年俸推移!

こんにちは坊主です!!

今回は、『加地亮(かじあきら)』さんを取り上げます。

彼といえば日本を代表するサッカー選手としてその名前を広く知られています。

彼は幼少期の頃よりサッカーを始めそのキャリアをスタートさせます。

1998年にセレッソ大阪に入団して以降、その卓越した身体能力とプレースタイルで様々な試合で好成績を収め、プロサッカー選手としての頭角を現します。

その後、FC東京やガンバ大阪、アメリカプロリーグのチバスUSAなどを経て、2015年にファジアーノ岡山に入団。

また彼はサッカー日本代表選手として国際試合に出場した経験を持ち、2004年のアジアカップでは優勝に貢献するなど輝かしい功績を収めています。

そんな彼がここに来て注目を集める出来事が報じられました。

それは彼の現役引退報道です。

彼は2017年11月25日に彼が現役を引退することを発表し世間の注目を集めています。

なぜ彼は引退を決意したのでしょうか?

そこで今回は、引退理由について調査してみました。

スポンサーリンク



加地亮が怪我で岡山引退?

冒頭でも掲載しましたが、彼は2017年11月25日に現役を引退することを発表し世間の注目を集めています。

また一部ネット上では、彼の引退する理由は怪我によるものだと噂されてます。

果たしてその噂は事実なのでしょうか?

そこで彼の怪我について調査したところ、ウェブサイト『ファジアーノ岡山』には以下のように掲載されています。

“2017年7月7日
加地亮選手の怪我について

加地亮選手
【受○日】7月1日(土)水戸ホーリーホック戦 試合中
【外○名】 肋骨骨○
【全 治】 4~6週間

また、
この全治期間を利用し、
かねてより受○しておりました『右足関節部ガングリオン』につきまして、
7月7日(金)にガングリオン切除術を受けました。

この切除術による全治は、
4週間となっております。”


※一部改変

同サイトが掲載している通り、彼は2017年7月7日に怪我をしている事が判明しました。

しかし同サイトでは彼の引退理由は怪我であると記述されていません。

彼が引退を決意した理由はいったいなんだったのでしょうか?

そこで引退の真相を調査しましたが、彼は詳細な理由は明らかにしていませんでした。

この事について、2017年11月25日に配信された『デイリー』は次のように報じています。

“J2岡山は25日、
元日本代表代表DF加地亮(37)が現役をを引退すると発表した。

27日に記者会見が開かれ、
今季最終日となる12月3日まで練習に参加する。

(中略)

加地はクラブを通じて

「20年間のプロサッカー生活から引退することを決断しました。

これまで応援してくださった皆さん、
在籍したすべてのクラブの皆さん、
ありがとうございました。

こういうコメントは苦手なので、
記者会見ですべてを話そうと思います」

とコメントした。”

同紙が掲載している通り、彼は現役を引退を表明し、2017年11月27日に開かれる記者会見で引退理由を明らかにすると報じています。

引退理由の詳細な情報が入り次第、随時記事を更新していきます。

追記

2017年11月27日に行われた記者会見で彼は引退理由について明らかにしました。

この事について、2017年11月27日に配信された『デイリー』は次のように報じています。

“加地は引退を決断した理由を

「自分が思うようなプレーができなくなった。

今年の夏にケガをして2カ月くらい休んで、
復帰したあとは頭で思っていることと体が一致しなくなった。

そういうことが一番大きい」と語り、

「必死に走ってきた20年。

幸せなサッカー人生だった」

と20年間の現役生活を振り返った。

今後については

「かっこよく言えば、
青年実業家」

とニヤリと笑い、

「嫁がやっているカフェを一緒にやろうと思っています」と、

大阪で妻が営む飲食店の経営に参加する考えを披露。

当面はサッカーから完全に離れる予定で

「全然違う職種だけど、
サッカーも飲食店も人に喜びを与えて、
笑顔になってもらうという点では似ている。

すごくやりがいがある」

と第二の人生への思いを語った。”

同紙が掲載している通り、彼は引退理由を明らかにしました。

また今後は、実業家として活動して行く事も明らかにしています。

スポンサーリンク



加地亮と結婚した嫁の馴れ初め,子供の名前や現在!

今回の引退報道で世間の注目を集めている彼ですが、ネット上では彼の私生活について感心が集まっています。

彼は私生活を公表しているのでしょうか?

そこで彼の私生活について調査したところ、2004年に1月に「高木那智(たがきなち)」さんと結婚している事が判明しました。

この事について、2004年1月21日に配信されたウェブサイト『FC東京』は次のように報じています。

“当クラブDF加地亮選手(24歳)が
高木那智(たかぎなち・23歳)さんと
本日1月21日(水)に入籍いたしましたので、
ご報告申し上げます。

加地亮選手のコメント      

『彼女のためにも、
自分のためにも、
より一層頑張りたいと思います。

今後ともご声援よろしくお願いします。』 “

同サイトの通り、彼は2004年に結婚している事が判明しました。

しかし同サイトでは結婚に至った馴れ初めについての記述はされていません。

彼らはどういった馴れ初めで結婚に至ったのでしょうか?

そこで馴れ初めについて調査したところ、彼らの出会いは高校時代である事が判明しました。

彼らは、滝川第二高校時代にサッカー部のマネージャーを務めていた那智さんと出会い、交際に発展し結婚に至ったとされています。

この事について、彼のWikipediaには以下のように掲載されています。

“家族は妻と1男2女、
愛犬(勝利)。

2004年1月に入籍。

入籍日は日本代表の背番号でもある21日を選んだ。

妻は高校の同級生で当時サッカー部のマネージャーをしていた。”

同サイトには、結婚相手の「那智」さんは、高校時代のサッカー部のマネージャーである事が掲載されています。

また馴れ初めと同時に彼は、一男二女の父親である事も判明しました。

しかし同サイトでは、子供達の素性についての記述はされていません。

彼は子供達の素性を公表しているのでしょうか?

そこで2017年現在の子供達の素性を調査しましたが、詳細な素性は公表していません。

しかし素性調査に伴い、ウェブサイト『5ch(旧・2ch)』には長男と長女の名前が掲載されていました。

“名無し 2010/05/28

加地選手に第3子女児誕生!

本日、
午前3時ごろ、
加地亮選手に第3子となる女児が
大阪府内の病院にて誕生いたしました。

名無し 2010/05/28
>>
加地おめ!!

莉比斗(りひと)、
瑠己莉(るいり)ときて次は?

名無し 2010/05/28
>>
頭が「り」「る」ときたから、
次は「れ」で3文字? “

同サイトの通り、長男と長女の名前が掲載されています。

しかしあくまでもネット上の情報のため、参考程度に留めて置いた方がいいでしょう。

子供達の素性が公表され次第、随時記事を追記していきます。

スポンサーリンク



加地亮の成績や年俸推移は?

今回の報道で世間の注目を集めている彼ですが、やはり多くの方が成績や年俸について多くの関心が集まっています。

そこで彼の成績を調査したところ、ウェブサイト『ファンタジーサッカー研究所』には以下のように掲載されています。

次に彼の年俸について調査しましたが、ネット上では詳細な年俸については掲載されていません。

しかし彼が所属しているJ2リーグの平均年俸は約400万円となっています。

またJリーグでは主に3種類のプロ契約があり、基本給と出場・勝利給に分けられているそうです。

そして、J1とJ2では観客動員数やスポンサー収入に大きな差がある事で副業を行っている選手も少なからずいるとされてます。

この事について、ウェブサイト『年収ガイド』は次のように報じています。

“Jリーグでは主に3種類のプロ契約があります。

【A契約】
年俸の上限が無く、
高額契約が可能。

レギュラークラスのほとんどがこの契約。

1チーム原則25人まで。

【B契約】
年俸上限480万円。

人数制限はない。

【C契約】
新人選手が結ぶ契約。

年俸上限が480万円。

入団から3年目までしかこの契約は結ぶことができない。

新人から以下の所定出場時間を満たしていない選手に対して。

J1:450分(5試合フル出場相当)
J2:900分(10試合フル出場相当)
J3:1350分(15試合フル出場相当)
JFL:1350分(15試合フル出場相当)

Jリーガーの年俸支払いシステムは
基本給と出場・勝利給に分けられています。

基本給は基本となる給与で出場給は出場した場合に支給される給与、
勝利給はゲームに勝利した時に支給される給与です。

J2の平均年俸は約400万円。※週刊大衆より

J1とJ2では観客動員やスポンサー収入に大きな差があり
平均年俸2000万円を超えるJ1に比べると年俸では大きな差があります。

前年はJ1で闘っていたチームであっても
降格してしまえばチームへの収入が減少してしまうため、
選手への年俸は大幅に減額されるのが通常です。

J2の中にも本格的にJ1を目指すチームとそうでないチームがあります。

J1を目指すチームではJ1に近い水準の年俸が支払われていますが、
そうでないチームでは相当な薄給で200万円台の選手も少なくありません。

中には生活苦から副業に手を出さざるを得ない選手もいるようで、
憧れのプロサッカー選手といえども
J2レベルでは華やかな生活を送ることは難しいようです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)