【引退理由】阪神,狩野恵輔外野手の結婚歴や家族(嫁,子供)の名前や年俸,成績は?

こんにちは坊主です!!

今回は、『狩野恵輔(かのうけいすけ)』さんを取り上げます。

彼といえば、阪神タイガースに所属するプロ野球戦選手(捕手・外野手)としてその名前を知られています。

彼は群馬県渋川市の出身で、2001年に行われたドラフト会議で3位に指名され同球団に入団。

入団当時は二軍でスキルを磨き、2004年シーズン終盤で一軍初出場を果たします。

その後、プロ野球選手としての頭角を現し、2009年に捕手選手として自己最多の”127試合”に出場し、一躍阪神の顔となります。

2017年現在では同球団の選手会長を就任し、34歳という年齢ながら現役最年長選手として活躍していましたが、突如として引退を表明し、世間の注目を集めています。

彼の現役引退理由はいったいどういったものなのでしょうか?

そこで今回は、彼の引退理由について調査してみました。

スポンサーリンク



阪神,狩野恵輔外野手の引退理由

冒頭でも掲載しましたが、彼は阪神の顔として活躍していましたが、2017年9月18日に突如として今季限りでの現役引退を発表しました。

そこで引退理由について調査したところ、2017年9月18日に配信された『毎日新聞』は次のように報じています。

”阪神の狩野恵輔外野手(34)が18日、
兵庫県西宮市内の球団事務所で記者会見し、
今季限りでの引退を表明した。

狩野は

「自分の実力が落ちているのを感じ、
引き際と思った」

と語った。”

同紙が掲載している通り、彼の現役引退理由は自身の実力が落ちたため、引退に至ったと報じています。

また今回の引退発表を受けて、彼の私生活について感心が集まってます。

彼は私生活を公表しているのでしょうか?

そこで今回は、彼の私生活について調査してみました。

スポンサーリンク



阪神,狩野恵輔外野手の結婚歴や家族(嫁,子供)の名前は?

上記でも掲載しましたが、彼の引退発表を受けて、私生活について感心が集まっています。

そこで、彼の家族(嫁,子供)について調査したところ以下の事が判明しました。

彼は、2004年12月に一般女性である「聖子」さんと結婚している事が判明しました。

この事について、2009年に配信された『日刊スポーツ』は次のように報じています。

”狩野の帽子のつばには、
黒色のペンで「KSSKS」と5つの英文字が書き込まれている。

自分自身に、
妻・聖子さん、
3人の息子。

5人家族の名前の頭文字を並べたものだ。”

同紙が掲載している通り、彼には「聖子」さんという妻がおり、2009年当時、3人の息子が居ると報じています。

しかし、彼の妻「聖子」さんについて調査したところ、素性や顔などは公表されておらず詳細な情報は不明です

次に子供達について調査したところ、彼には新たに2人の子供が誕生し、2015年時には5児の父親になっていた事が判明しました。

この事について、2015年6月22日に配信された『スポニチ』は次のように報じています。

”父の日に5児のパパが大仕事だ。

阪神は6回、
福留のソロで追いつき、
さらに1○満塁の好機で代打・狩野が登場。

秋吉の速球を叩いた打球は逆風に負けず、
右翼・雄平のグラブの上を抜けた。

2者を生還させる決勝の適時二塁打となった。”


※一部改変

同紙が掲載している通り、彼には新たな子供が2人誕生し、5児の父親となっている事を報じています。

そこで、5児の子供達の素性を調査しましたが、妻と同様に、名前などが非公表となっており、詳細な情報は不明です。

しかしその調査に伴い、一部ネット上で子供達の性別は、3人の男児、女児の双子であると掲載されていました。

その情報を元に調査しましたが、詳細な情報は掲載されていませんでした。

従って、この情報は参考程度にとどめておいた方がいいと思われます。

スポンサーリンク



阪神,狩野恵輔外野手の年俸,成績は?

今回の引退発表で大きな注目を集めている彼ですが、やはり彼の年俸や成績についても感心が集まってます。

そこで彼の年俸を調査したところ、ウェブサイト『グラゼニ.com』には以下のように掲載されています。

”2017年 2800万円
2016年 2300万円
2015年 900万円
2014年 800万円
2013年 800万円
2013年 800万円
2012年 2700万円
2011年 3500万円
2010年 4000万円
2009年 1500万円
2008年 1800万円
2007年 650万円
2006年 650万円
2005年 650万円
2004年 600万円
2003年 600万円
2002年 600万円
2001年 600万円”

同サイトの通り、上記のような年俸になっています。

しかしこれは推移であり、その全てではありません。

次に彼の成績について調査したところ、ウェブサイト『NPB.JP』には以下のように掲載されています。

同サイトに掲載されている通り、彼は17年間もの間一貫して、同球団で活躍し、華々しい功績を収めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)