【くず+異常】小山田圭吾は何した?いじめ内容あり

時事

こんにちは。坊主です。

今回は、ミュージシャンの小山田 圭吾さんを取り上げます。

2021年7月15日、小山田さんが東京オリンピックの開会式の楽曲を担当することが報じられました。

しかし、この発表に対してネット上では批判の声が集まっています。

その理由は、小山田さんが過去に”いじめ”に加担していたことがあるからです。

一体、小山田さんが加担した”いじめ”とはどんな内容だったのでしょうか?

小山田 圭吾のオリンピック起用に批判が殺到

小山田さんがオリンピックの開会式に起用されたことについて、「東スポWeb」は次のように報じています。

そんななか、
一部ネット上では小山田の名前に懸念の声が上がっている。

音楽雑誌「ロッキンオン・ジャパン」1996年1月号で、
小山田が同級生いじめを自慢話のように告白していたことが蒸し返されているのだ。

「小学校時代の話で、
障害者の同級生を跳び箱の中に閉じ込めたり、
マットレスでぐるぐる巻きにしてみたり…

なかなかハードな内容でした。

ただ、批判を集めたのは、
そうしたいじめ話を得意げに話す小山田の態度でした。

ネット上では『クズ』批判が巻き起こりました」
(音楽関係者)

過去の話であり、現在の小山田を表すものではないが、
SNS上では

「ふさわしくない」

「いじめの話は忘れていない」

といった声が噴出。

インターネットで「小山田」と検索するといじめ問題があっさり出てくるにも関わらず、
キャスティングされたことに

「どこ見て起用したんだ」

「チェックしたの?」

といった意見もあった。

(2021年7月15日配信)

上記の通り、小山田さんは自身の”いじめ”を自慢げに語っていたのです。

これが世間の怒りを買い、現在でも「いじめの加害者」というイメージが付きまとっています。

「くず」「異常」「サイコパス」の声も

フリッパーズ・ギター、コーネリアス、小山田圭吾、ね

嬉々としていじめ(傷害罪を)ヘラヘラ武勇伝のようにして語るクズ

覚えたし、
オリンピック周りの醜聞からしてカスの集いって思った方が良いな

(良識ある選手は含まない、良識ある人はね!)

木村拓哉さんのソロアルバムに小山田圭吾が参加するらしいけど、
小山田圭吾がイジメ加害者だという事を忘れてはならない。

しかも、イジメの内容を面白おかしく語るのも異常だし、
それを聞いていたインタビュアーも同罪だよ。

子供の頃に障がい者の同級生に壮絶なイジメをしてたのに
パラリンピックの作曲を引き受けるとかサイコパスですよね小山田圭吾さん。

いじめの内容は何した?

同級生を”いじめ”たことを自慢げに語っていた小山田さんですが、彼は何をしたのでしょうか?

そこで、”いじめ”の内容について調べたところ、当時のインタビューを文字起こししたサイトが確認されたのです。

そのサイトに掲載されている”いじめ”の内容がこちらです。

段ボール箱とかがあって、
そん中に沢田を入れて、全部グルグルにガムテープで縛って、
空気穴みたいなの開けて(笑)、

「おい、沢田、大丈夫か?」

とか言うと、

「ダイジョブ…」

とか言ってんの(笑)

そこに黒板消しとかで、

「毒ガス攻撃だ!」

ってパタパタやって、しばらく放っといたりして、
時間経ってくると、
何にも反応しなくなったりとかして、

「ヤバいね」

「どうしようか」

とか言って、

「じゃ、ここでガムテープだけ外して、部屋の側から見ていよう」

って外して見てたら、
いきなりバリバリ出てきて、
何て言ったのかな…?
何かすごく面白いこと言ったんですよ。

……超ワケ分かんない、

「おかあさ〜ん」

とかなんか、そんなこと言ったんですよ(笑)

それでみんな大爆笑とかしたりして。

※「https://koritsumuen.hatenablog.com/entry/20061115/p1」より引用

このインタビューに登場する「沢田君」(仮名)というのが、小山田さんによる”いじめ”の被害者です。

被害者の沢田君は小学校時代の同級生で、彼が小学2年生頃に他校から転校してきた人物です。

小山田さんによると、沢田君の自己紹介が”言語障害”に思えたことから、ターゲットにされました。

また、沢田君が転校初日にトイレで大便をしたことも標的になった理由のようです。

沢田君への”いじめ”は高校時代になると更にエスカレートしました。

ジャージになると、みんな脱がしてさ、

でも、チ×ポ出すことなんて、
別にこいつにとって何でもないことだからさ、

チ×ポ出したままウロウロしているんだけど。

だけど、
こいつチ×ポがデッカくてさ、

小学校の時からそうなんだけど、
高校ぐらいになるともう、さらにデカさが増しててさ(笑)

女の子とか反応するじゃないですか。

だから、みんなわざと脱がしてさ、廊下とか歩かせたりして。

※「https://koritsumuen.hatenablog.com/entry/20061115/p1」より引用

上記の通り、沢田君への”いじめ”は犯罪の域に達してしたのです。

後の取材によると、沢田君は学習障害があったようです。

しかし、”いじめ”の影響からか沢田君は家族との会話も困難になり、社会復帰ができない状態にあると言います。

沢田さんは障害がひどくなり、
家族との会話も困難で、社会復帰はできていません。

※「https://koritsumuen.hatenablog.com/entry/20120812/p1」より引用

このインタビューは1994年および1995年当時のものですが、いくら過去の発言とはいえ、こうしたエピソードを嬉々として語っていた小山田さんの人格を疑わざるを得ません。

また、彼が”いじめ”を告白した被害者は”複数”おり、別の被害者も沢田君と同じ障害者でした。

障害者を”いじめ”のターゲットにしていることから、彼の意識の根底には優生思想があるのかもしれません。

そうでなければ、「排泄物を食べさせる」という鬼畜の所業には及ばないでしょう。

【7月18日追記】辞任を求める署名活動がスタート

過去の”いじめ自慢”が蒸し返されたことで、小山田さんは正式に謝罪しました。

しかし、オリンピックの仕事は続投を表明したことで更なる批判が巻き起こっています。

そんな中、ネット上では小山田さんの辞任を求めるオンライン署名がスタートしたのです。

2021年7月18日11:06時点での賛同者は4,000人を超えており、同日中には5,000人に到達する勢いを見せています。

小山田の辞任を求める署名は以下のURLから行うことができます。

参照先

https://www.change.org/p/東京五輪-パラリンピック組織委員会-東京オリパラ開閉会式制作メンバーから小山田圭吾氏の除外を求めます

【7月18日追記】海外の反応は?

小山田さんの”いじめ自慢”が海外でも報じられたことで、SNS上では様々な声が上がっています。

海外の主な反応がこちらです。

要約

オリンピック委員会は恥を知れ。

https://twitter.com/yanarchy/status/1416176552375590913

要約

彼の行為は”いじめ”などではなく、肉体や精神および性に対する拷問であり虐待だ。

https://twitter.com/Samuraigodzilla/status/1416184425562349572

要約

この男がコーネリアス???!

彼の音楽はいくつか知っているのに…

クソっ…

要約

日本では、頭を下げて解決できなかった問題はない。

(※謝罪さえすれば万事解決という皮肉)

当然のことながら、海外でも否定的な反応が大半を占めています。

この状況下、小山田さんが辞任せずに続投することは、世界中から強い反発を招くことは必至でしょう。

【7月18日追記】村上 清はいじめの加害者と被害者を対談させようとしていた

小山田さんの”いじめ自慢”は「ロッキンオン・ジャパン」(1994年)と「クイック・ジャパン」(1995年)に掲載されました。

両誌とも倫理観が欠如していると言えますが、悪質性で言えば、クイック・ジャパンの方に軍配が上がります。

というのも、クイック・ジャパンのインタビューである村上 清氏は、”いじめ”の加害者である小山田さんと被害者を対談させようとしていたのです。

村上氏は同誌において「いじめ紀行」なる記事(企画)を連載しており、その中で「いじめ=エンターテインメント」と定義していたのです。

この企画では加害者と被害者の”その後”を追っていて、最終的には当事者の2人を実際に引き合わせて対談させる計画でした。

そのため、村上氏は無慈悲にも被害者本人および家族に取材を敢行しているのです。

ところが、当然のことながら被害者家族が小山田さんとの対談を拒絶したため、両者の対談が実現することはありませんでした。

対談こそ未遂に終わったものの、村上氏の行為は人間としての倫理観が問われるほどの問題です。

現在、”いじめ自慢”とした小山田さんには全世界から批判が殺到しており、最終的には謝罪に追い込まれました。

これに呼応する形でロッキンオン・ジャパンの編集長である山崎 洋一郎氏も問題の記事を掲載したことを謝罪。

ところが、村上は現在でも沈黙を貫いているのです。

【7月19日追記】息子にも世間の怒りが飛び火

今回の”いじめ自慢”を受けて、世間の怒りは小山田さんの”息子”にも向けられています。

というのも、父親による”いじめ”問題に関して、息子の米呂(まいろ)さんは沈黙を貫いているのです。

しかし、この沈黙が「父親に賛同している」と歪曲されてしまい、結果として米呂さんにも批判が殺到しているというわけです。

恐らく、世間としては「当事者の息子として父親を糾弾すべき」という見解なのでしょう。

ただ、米呂さんは今回の”いじめ騒動”に何ら関与していません。

いくら父親の蛮行が白日の下に晒されたとはいえ、無関係な人間まで責めるのは”正義の暴走”です。

【7月20日追記】月間カドカワ(1991年9月号)でも”いじめ自慢”をしていた

これまで小山田による”いじめ自慢”が掲載されていた雑誌は、「ロッキンオン・ジャパン」(1994年)と「クイック・ジャパン」(1995年)の2誌でした。

ところが、ロッキンオン・ジャパンに”いじめ自慢”の記事が掲載される3年前1991年)の時点で、別の雑誌に”いじめ自慢”の記事が掲載されていたことが分かったのです。

問題の雑誌は「月刊カドカワ」(1991年9月号)で、彼の”いじめ自慢”は「お洒落な不遜」というタイトルで掲載されています。

同号の表紙がこちらです。

「お洒落な不遜」のインタビュー記事によると、当時の小山田さんはクラスで人気のある人間の悪口を言ったり、事実無根の噂を流布させることで、被害者の評価を貶めていたようです。

同号に掲載された”いじめ自慢”のインタビュー記事については以下の記事をご覧ください。

【7月20日追記】末期癌の患者も笑いものにしていた

複数の雑誌で”いじめ自慢”を武勇伝のように語っていた小山田さんですが、ここに来て更なる余罪が判明しました。

それが「末期癌患者の嘲笑インタビュー」です。

この記事が掲載されたのは、「月刊ギグス」(1996年2月号)でした。

同号に掲載されたインタビュー内容がこちらです。

上記の通り、小山田さんは病院でギターを弾き鳴らした上、末期癌で苦しむ患者の”死にざま”を嘲笑っていたのです。

彼は懸命に生きた癌患者に対して「また死んだ(笑)」と嘲笑い、挙句の果てには、人の死を「心暖まる話だよね」と語っていたのです。

これらのエピソードを嬉々として語る小山田さんには、他者への共感力や造像力が欠如しているとしか思えません。

【7月20日追記】「いじめの限度を見極めるのが上手い」と発言

”いじめ自慢”のインタビュー記事が次々と発掘されている小山田さんですが、その中で「いじめの限度を見極めるのが上手い」と発言していたことが分かりました。

問題の発言がこちらです。(写真2枚目)

この発言は「ロッキンオン・ジャパン」(1993年9月号)に掲載されていました。

インタビュー内容から察するに、彼は自分が”いじめ”に関与していても、最終的にはスケープゴートを用意することで自身への批判を回避していたようです。

また、「いじめの限度を見極めるのが上手い」という発言から、過去の”いじめ自慢”も彼の中では限度内ということになります。

ちなみに、3枚目の写真の記事では「万引きを告発された」と記されています。

前後の文脈がないことから断定はできませんが、これが事実であれば犯罪にも手を染めていたことになります。

スポンサーリンク

26 件のコメント

  • この人のいる場所はオリンピックではなく、刑務所又は地獄だろ。

    いじめをする人間って弱い弱者にしか向かえない小さい、惨めな人間だ。

    死んでわびろ!

  • 小山田圭吾の行為は言語道断だが、
    それを嬉々として叩いている無関係な第三者も気持ち悪い。

    • 自業自得だし別に良いじゃん

      むしろこういう頭悪そうな人間がどこまで叩いたら自〇するかちょっと興味あるし

  • 過去の積み重ねで現在があります。

    仮に虐めをしていた過去を悔やみ反省して、
    何らかの行動をしていたとしても、
    オリンピックパラリンピックに関わり、
    税金から報酬を貰う事は許されないと思います。

    個人で音楽活動、どうぞお好きにして下さい。

    私は決して聞きませんが。

  • これはもう楽曲無しで開会式をやることを前提に話を進めて欲しい。

    ことここに至って、
    日本が人権を侵害し多にもかかわらず謝罪すらせずにいる犯罪者を除名したなら
    世界が日本を本当の意味で感銘を受けてくれるし、
    日本は確かに信用に足る国だと絶大な好意を得ることが出来るでしょう。

    ですが、このまま人権侵害を放置して彼を起用したままとなれば、
    日本は計り知れない信用を失います。

    どうか日本の将来の為にも、
    平和の祭典に最も不適格な悪魔と思しき人物を除名してください。

  • たまに、いじめられる側にも問題があると言う人がいる。

    こういう輩がいるから
    いじめを擁護したりすんねん。

    人をいじめて良い権利など誰にもないわ。

    • その通りです。

      イジメ側を擁護する人がいますが、
      その方達もきっとイジメ側を経験した人々でしょう。

      100%イジメる側が悪いのです。

    • 彼のような奴がオリンピック、パラリンピックに関わるなど断じて許せないです。

      弱い立場の障害者をターゲットにした行為はもはや犯罪でしたありません。

      過去のことだから、などと言う風潮があるとしたら
      それも許せない事です。

      才能があれば社会が許すとでも思うのですか!

      絶対に降ろして下さい。

      いえ、降りるべきです。

  • かなり前から言われていた小山田圭吾氏のいじめ問題、
    ようやく謝罪(ツィッター)しましたが、今更。 

    私もいじめ被害に遭っていましたので、
    被害者の気持ちは痛いぐらいに解ります。

    5〜6年ぐらい前にWikipediaにも書かれていて、
    本人からは反省も謝罪もないと知り、
    以降、彼の作品には嫌悪感を感じています。

    オリンピック、パラリンピックが平和と友情を尊重する行事には相応しくありません。

    反省しているならば、潔く辞退を願います。

  • 被害者が卒業の時にボランティアやると言い張ってたのに、
    結局やっていなかったのは流石に草。

    小山田の話を直接聞いたら吹き出しそう。

  • 小山田氏のしていることは殺人と同じです。

    被害者の人生を破壊しました。

    それも長い時間をかけて、
    人間形成の大切な時期に、じわじわと苦しませて…

    自分の子供がこのような目にあわされたら、
    私自身が小山田氏を殺してしまうかもしれない。

    それくらいのことをやってきたという自覚が、大人になった今でもできない、
    周りの人間も咎めない、恐ろしいことです。

    才能があれば咎める人もいなくなる。

    人格の歪みに歯止めがかからない。

    彼自身の家庭環境が気になるところです。

    どうしたら他人にこういうことをするようになるんだろう。

    殺人です。

    人生をかけて償うべき。

    生涯背負っていく罪です。

    一度の紙の謝罪だけで到底許されるものではない。

  • 小山田圭吾は有名になったから世間に批判されてます、

    しかし悲しいことに
    この様ないじめはかなりあります。

    小山田圭吾はイジメをする気持ちがわかると思います。

    そこも考え
    いじめがなくならように音楽の才能を生かしていじめをなくす活動をしてもらえたらと願います

    いじめは、犯罪として扱ってもらいたいです

    大人社会でも多いと思います

  • いじめは、ありえません。

    あなたにも大切な誰かがいるでしょう?

  • 世の中の通り魔とかにエールを送るつもりはないが、
    無差別に何の罪のない人を殺めるのではなくて、
    せめて
    こういう小山田圭吾みたいなクズを襲うべきじゃないかな?

    ああーやっぱり悪いことはできないねって言うことで、
    後世への教訓として丸く収まるんじゃないの?

  • 自分より、立場の弱い人間しか、あいてにできないような人間としての大事な部分が欠落している!

    いじめられた人の気持なんか、想像することなく、
    おもしろおかしく語るなんて人間のクズ!

    またそれを聞いていて不愉快になることなく、
    気持悪いとか同調している編集のやつも同罪!

    何年時が経っても
    そのいじめられたひとにとっては心に傷がついて
    その人の人生をも狂わせてしまって謝罪しても何も変わらない!

    自分の息子が同じようにされればどう感じるのか?

    ときは戻せないのだから、サイコパス、くずやろーだ!!

  • 小山田さんは筋肉もなさそうで、
    自分より弱い存在は障害者だけだったのでしょう。

    コンプレックスが強いから、
    自分だってこんな強いんだということを吹聴したのかなと思います

  • 小山田はこれから損害賠償訴訟を起こされる可能性もある。

    バカでサイコパスは直ぐに人を脱がしたり、
    性的な嫌がらせ(犯罪)を起こす特徴がある。

    旭川や福岡朝倉市、
    滋賀県津市皇子中学、
    木村束麿呂一味を見ていても共通である。

    小山田も同類項。

    牢屋に入れるべきだ。

  • 「故意に何かをやっちまった場合」

    何をしたらゆるされるのか?

    という質問をする有識者さえいるが、
    「何をすれば」の答え等無い。

    被害者の人が「もういいよ大丈夫」.と
    思えた行動が出来た時が「許される時」であると思う。

    その結果によっては
    「加害者が一生ゆるされない場合」だって在るのは
    当たり前だと理解され認識される社会で在ってほしいと自分は考える。

    謝れば許されるとか、謝っても許されないのか?

    という問題では無い。

    と自分は思う。

  • こういう人間は、改善も反省もしないよ。

    人の痛みを理解する脳みそがない池沼だからね。

    害虫と同じなので駆除するしかない。

    • ですよね。 わかります。

      むしろ虫に失礼なくらい。

      虫はただ生きてるだけで、
      悪気などないので
      まだこの人よりはましです。

      人を傷つけることで喜びを得る、この精神性は、
      是非生まれ変わったら微生物からのスタートで学んでいただきたいと思います。

  • あのさ、
    こんな所でギャーギャー騒いでないで、
    文句があったら直接言いに来いよ!

    どうせ出来ねえんだろ?

    てめぇら全員ネットでしかほざけないチキンどもだし(ギャハハ)

    • 本物の小山田圭吾より先にお前に文句言いに行ってやるから、連絡先とか書いて返信しろや

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)